「残忍な天才」 ネイマール、守備陣3人翻弄の”圧巻技”が反響「サンバを踊らせた」

守備陣3人翻弄したブラジル代表FWネイマール【写真:AP】
守備陣3人翻弄したブラジル代表FWネイマール【写真:AP】

コパ・アメリカ・ペルー戦で披露した巧みなテクニックに大会公式SNSが注目

 ブラジル代表FWネイマール(パリ・サンジェルマン)は、現地時間14日に行われたコパ・アメリカ(南米選手権)グループリーグ第2戦ペルー戦(4-0)で1ゴールをマーク。切れ味鋭いドリブル突破を見せるなど攻撃を牽引する働きを見せたなか、大会公式SNSが超絶スキルを見せたシーンを取り上げると、海外ファンからは驚きの声が寄せられている。

 ブラジルのエースナンバー”10″を背負ったネイマールは、ペルー戦でスタメン出場を果たすと自慢のテクニックで攻撃を牽引。1-0で迎えた後半23分には、敵陣ペナルティーエリア手前でパスを受けた流れから右足シュートを突き刺し、ベネズエラ戦(3-0)に続き、2試合連続ゴールを奪った。

 2連勝を飾ったブラジルは、前回大会に続く連覇へ好発進。ネイマールのさらなる活躍にも期待が懸かるなか、大会公式SNSは、ペルー戦の終盤に見せたテクニックに注目し、動画を公開している。

 ブラジルが2点リードして迎えた後半38分、敵陣でボールを受けたネイマールはペルーMFレナト・タピアとのマッチアップで華麗な股抜きを披露。さらにもう1人のDFが対応にきた瞬間、両足裏を駆使しながらボールをコントロールしプレスを回避すると、3人目にも囲まれながら巧みな技術で相手を翻弄し続けた。

 一連のプレーに対して、海外ファンからは「なんと残忍な天才」「非常識な形になっている」「なんて選手だ」「この男のスキルには毎回驚く」「サンバを踊らせた」「世界最高水準の技」といった驚きの声が多数寄せられており、圧巻のスキルに熱視線が注がれていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド