レアル退団のラモス、5つの新天地候補を英メディア列挙 最右翼に挙げられたのは?

1位はワイナルドゥムを獲得し、守護神ドンナルンマの契約合意も近づいているPSG

 3位にはマンチェスター・ユナイテッド、2位にはマンチェスター・シティと、マンチェスターの両雄が並んだ。イングランド代表DFハリー・マグワイアの新たな相棒を探すユナイテッドは、レアルのフランス代表DFラファエル・ヴァランの獲得にも乗り出していると報じられている。また、プレミアを制したもののCLでは決勝で敗れたシティは、ジョゼップ・グアルディオラ監督がバルセロナ時代からラモスをよく知っており、移籍金ゼロで獲得できるスペイン人DFを獲得しても「不思議ではない」と報じている。

 そして1位となったのがPSGだ。リバプールとの契約が満了したオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムに続き、ACミランとの契約が満了を迎えるイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマの獲得にも近づいているとされる。資金面でも問題なく、ブラジル代表DFマルキーニョス、フランス代表DFプレスネル・キンペンベと競えるセンターバックを求めており、ラモスの移籍先最有力候補に挙げられている。

 レアルは17日にフロレンティーノ・ペレス会長立ち合いの元で、ラモスの退団セレモニーを行うことを発表しているが、このセレモニー終了後、その新天地が明らかになるかもしれない。

(Football ZONE web編集部)


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング