「新しいステップは日本と…」 酒井が語る“浦和移籍”決断の理由「楽な道とは思わない」

浦和への合流は8月の五輪後と西野TDが明言

 今後は東京五輪を優先したスケジュールを組み、浦和へはその後に合流する見込みだという。酒井は「そんなに長く休みを取りたいタイプではないので。怪我のリスクもあるので、しっかり相談してやっていきたい」と話し、西野努テクニカル・ダイレクター(TD)は「できるだけ早く、練習だけでも来てほしいとは思うけど、五輪を重視してもらって。シーズンが終わった後なので休みも取ってもらって、身体のケアはクラブも助けて、8月の五輪後の合流になる」と話した。

 今季から就任したリカルド・ロドリゲス監督も、獲得の可能性があると西野TDから伝えられた際には「何がなんでもいってくれ」と熱望したという。現役日本人サイドバックで最高レベルにあるのは間違いない酒井の加入した浦和の今後にさらなる期待が高まり、そのプレーがJリーグに大きな刺激をもたらすことも期待される。

(Football ZONE web編集部)


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング