「今まで見た中で一番ひどい」 インテルの来季“ヘビ柄”ユニフォームをファン酷評

インテルの来季ユニフォームデザインに注目【写真:ロイター】
インテルの来季ユニフォームデザインに注目【写真:ロイター】

海外メディアにリークされたよりリアルな来季ユニフォームのデザインが話題

 イタリアの名門インテルは、今季セリエAで11年ぶりの優勝を果たした。来季は王者として臨むシーズンとなるが、よりリアルなユニフォームデザインがリークされ、反響を呼んでいる。

 アントニオ・コンテ監督が就任して2年目のインテルは、今季前半戦から上位を快走。9連覇中のユベントスが失速するのを尻目に勝ち点を積み重ねると、4試合を残して優勝を決めた。これで同じミラノを本拠地とする宿敵ACミランの18回を上回る19回目のスクデット獲得となり、世界中のインテリスタが歓喜を爆発させた。

 5月中旬、伝統の黒と青のストライプではなく、独特なヘビ柄のデザインがリークされていたが、ユニフォーム関連に特化した海外メディア「Footy Headlines」は、よりリアルな最新版の画像を公開。胸スポンサーは現段階で未定で、「Hisense」か「Samsung」が有力視されているなか、「Samsung」の文字が入っており、青のグラデーションのヘビ柄がやはり目を引く。

「Footy Headlines」のコメント欄には、海外ファンから「チェルシーか?」「頭痛がする」「今まで見た中で一番ひどい」と厳しい声が相次いでいる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング