仏代表に暗雲 ジルーの“口撃”にムバッペが怒り、海外紙注目「EUROを前に争い」

FWムバッペ(PSG)とFWジルー(チェルシー)【写真:ロイター】
FWムバッペ(PSG)とFWジルー(チェルシー)【写真:ロイター】

ジルーはムバッペにボールが集まり、自身がパスをもらえなかったと会見で不満

 欧州選手権(EURO)開幕を目前に控え、優勝候補と目されるフランス代表で火種がくすぶっているようだ。3-0で快勝した8日の国際親善試合ブルガリア戦後、FWオリビエ・ジルー(チェルシー)とFWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)が発言を巡って衝突したという。

 2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)を制したタレント軍団のフランスは、今大会に向けてFWカリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)が5年半ぶりに代表復帰を果たすなど戦力が充実。グループステージは前回王者ポルトガルとドイツ、ハンガリーと同居する厳しい組分けになったとはいえ、前評判では優勝候補筆頭に挙げられている。

 開幕前最後のテストマッチとなったブルガリア戦はジルーの2得点とFWアントワーヌ・グリーズマン(バルセロナ)のゴールで3-0と快勝を収めたが、この試合でFW陣の問題が表面化しているという。

 フランス紙「レキップ」によれば、ベンゼマに代わって途中出場だったジルーがムバッペにボールが集中し、誰も自分にボールを渡してくれなかったと試合後の会見で不満を漏らした。自身の得点をアシストしたDFバンジャマン・パバール(バイエルン・ミュンヘン)とFWウィサム・ベン・イェデル(モナコ)への感謝を示しつつ、一方でムバッペが逃したチャンスについてはもっと上手くできたはずだと言及したという。

 これに対してムバッペは怒りを感じており、記者会見を開いて反論するつもりだったという。それはディディエ・デシャン監督によって止められたというが、前線でコンビを組む可能性のある2人の間に亀裂が走っているようだ。スペイン紙「AS」も「EUROを前にムバッペとジルーの争い」とまたも起きたフランス代表の内紛騒動について報じている。

 ベンゼマ復帰でW杯に続くビッグタイトル獲得の期待がさらに高まっているフランスだったが、開幕直前に不穏な空気が漂い始めているようだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング