「いきなり決勝戦のよう」 モドリッチ、EURO初戦の相手イングランドを警戒「負けると…」

クロアチア代表のルカ・モドリッチ【写真:ロイター通信】
クロアチア代表のルカ・モドリッチ【写真:ロイター通信】

混戦模様の今大会「明確な優勝候補はいない。クロアチアも外さない」

 欧州選手権(EURO)が11日に開幕を迎える。クロアチアはイングランド、チェコ、スコットランドと同じグループDに入り、初戦は強豪のイングランドと対戦する。この試合に向けて、クロアチアのキャプテンを務めるMFルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)が語ったコメントを、英紙「デイリー・メール」が報じている。

 2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)で決勝進出を果たしたクロアチアは、3年ぶりのビッグトーナメントに臨む。初戦の相手はイングランドだが、ロシアW杯では準決勝で対戦し2-1で勝利していた。同年にバロンドールを受賞したモドリッチは、自分たちのグループについて「とてもタフで、決勝ラウンド進出は簡単ではない」と話した。

 同紙によると、モドリッチは「僕はいつも楽観的で、クロアチアは勝ち抜けると思っている。でも、とてもタフな1次ラウンドだ。イングランドとウェンブリーで開幕戦を戦うということが、すべてを表しているよ。いきなり決勝戦のようだ。初戦で負けると、1次ラウンドを突破するためには多くのことが求められることになるからね」

 今大会ではイングランド、フランスを筆頭に、ベルギー、ドイツ、スペイン、イタリアなどが優勝候補に挙げられている。モドリッチは「絶対的な優勝候補はいないと思うし、僕はクロアチアも外さないよ。全力を尽くすし、大会を良い状態で迎えられると感じているんだ」と、自信を見せた。

 EUROでは、1996年大会と2008年大会のベスト8が最高成績となっているクロアチア。35歳となり、キャリアの終盤に入っているモドリッチは、代表で新たな歴史を刻めるだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング