「代えがきかない存在」と“兄弟対決”で証明 A代表で「輝いた3人」を金田喜稔が選出

U-24代表とのチャリティーマッチで勝利したA代表【写真:©JFA】
U-24代表とのチャリティーマッチで勝利したA代表【写真:©JFA】

U-24代表に3-0完勝…貫録を見せたA代表で特に光った守田の攻守にわたる活躍

 日本代表は3日、札幌ドームで開催されたU-24日本代表とのチャリティーマッチに臨み3-0で完勝した。当初対戦予定だったジャマイカ代表の来日に際したトラブルにより、急遽“兄弟対決”が実現したなかで、挑戦を受ける形となったA代表は立ち上がりから気迫のこもったプレーを披露。開始2分にセットプレーからMF橋本拳人(ロストフ)が先制点を叩き込むと、同41分にはMF鎌田大地(フランクフルト)、後半7分には途中出場のFW浅野拓磨(無所属)が追加点を決めて勝利した。
 
 A代表が貫録を見せつけたなか、今回の異例の“兄弟対決”を識者はどのように見たのか。「天才ドリブラー」として1970年代から80年代にかけて活躍し、解説者として長年にわたって日本代表を追い続ける金田喜稔氏が、完勝を収めたA代表で「インパクトを残した3人」を選出した。

   ◇   ◇   ◇

 金田氏が真っ先に名前を挙げたのは、ボランチで先発出場したMF守田英正(サンタ・クララ)だ。U-24代表に対して“絶対に負けられない”という思いを抱くなか、試合の立ち上がりから「潰しに行ったし、かわされたらファウルも厭わない覚悟を示していた」と、球際での厳しさを見せて流れを引き寄せたと評価する。5月28日のワールドカップ(W杯)アジア2次予選のミャンマー戦(10-0)ではMF遠藤航(シュツットガルト)とコンビを組み、今回の試合では橋本との2ボランチ。パートナーが変わったなかで、「守田のポジショニングのセンスが光っていた」という。

 さらに金田氏は、守田の“技術力”にも注目する。

「守田はアウトサイドを使うのが上手い。左サイドで受けた時、右足のアウトでさばきながら相手から取られない遠い位置にボールを置きながらキープする。そして右45度の角度を作りながら、前線中央の大迫(勇也/ブレーメン)にしても鎌田にしても、左サイドの南野(拓実/サウサンプトン)にしても、45度の向きを保ったまま2つのコースに同じ姿勢でパスを出せる技術力が高い。さらに言えば、右サイドを駆け上がる選手に対しても、決定的なサイドチェンジのパスを同じフォームで出せるので、守田が左サイドでボールを受けてアウトでさばいた時の周囲の選手の動き出し、攻撃の連動性が明らかに上がってきている」

 守備だけでなく、攻撃のスイッチ役としても存在感を高めているという守田。「W杯アジア最終予選、そしてW杯本大会も視野に入れて、絶対にそこに選ばれるんだという強い気持ちが伝わってくる。守田の成長は日本代表にとって非常に大きい」と、熾烈なポジション争いが繰り広げられるボランチで評価を高めたと称賛した。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド