韓国代表DF、初来日時に感じた日本サッカーの難しさは? 「自分にはとても速かった」

名古屋グランパスでプレーするMF米本拓司【写真:佐藤彰洋】
名古屋グランパスでプレーするMF米本拓司【写真:佐藤彰洋】

Jリーグで対戦した選手で印象に残っている2人「献身的に戦うスタイルがすごく好き」

 これまでJリーグで様々な選手たちと対戦しているが、印象に残っている選手について聞いてみた。キム・ヨングォンは少し考えると、2人の選手の名前を挙げた。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

「たくさんのFW、MFとマッチアップしてきましたが、対戦相手で考えた場合、1人は川崎フロンターレの(レアンドロ・)ダミアン選手ですね。もう1人は名古屋グランパスの米本拓司選手です。その理由は、私はチームのために献身的に戦うスタイルがすごく好きなんです。米本選手は目立つわけではありませんが、チームのために犠牲になるプレーをしている。それでとても印象に残っています」

 自身も闘志を前面に出すスタイルだからか、チームに献身的な選手には共感を覚えるのだろう。

 日本に馴染むという意味で、大阪の街はウマが合った。外国人選手にとって生活環境の良さは、当然プレーにも直結する。今季から新加入した後輩のチュ・セジョンがいるのは、キム・ヨングォンにとってはありがたい。

「代表で同じなのでよく話す仲でした。今はコロナで一緒に出掛けることができませんが、通常の生活に戻ることができたら、大阪を案内してあげたいです」

 少し考えて、キム・ヨングォンはG大阪に来た時のこんなエピソードを教えてくれた。

「関西弁がとても難しくて、最初はまったく理解できなかったんです。初めて学んだ日本語は、FC東京だったので標準語でしたから。そしたら宮本前監督は大阪出身なので、関西弁を話しますよね? 戦術のミーティングで『やらなあかん』って言われた時、『一体何を話しているんだろう……』と頭の中が真っ白でした(笑)。今は分かりますけれど、当初は苦労しました。今は周りの選手たちも関西弁を使う選手が多いので、たまに自分も関西弁が出るんです。『なんでやねん』とか(笑)」

 チームメートたちと楽しく過ごしている姿が想像できる話には、とてもほっこりさせられる。

金 明昱

1977年生まれ。大阪府出身の在日コリアン3世。新聞社記者、編集プロダクションなどを経てフリーに。サッカー北朝鮮代表が2010年南アフリカW杯出場を決めた後、代表チームと関係者を日本のメディアとして初めて平壌で取材することに成功し『Number』に寄稿。2011年からは女子プロゴルフの取材も開始し、日韓の女子ゴルファーと親交を深める。現在はサッカー、ゴルフを中心に週刊誌、専門誌、スポーツ専門サイトなど多媒体に執筆中。近著に『イ・ボミ 愛される力~日本人にいちばん愛される女性ゴルファーの行動哲学(メソッド)~』(光文社)。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング