韓国代表DF、初来日時に感じた日本サッカーの難しさは? 「自分にはとても速かった」

2019年からガンバ大阪でプレーするDFキム・ヨングォン【写真:Getty Images】
2019年からガンバ大阪でプレーするDFキム・ヨングォン【写真:Getty Images】

G大阪DFキム・ヨングォンが語る日本サッカー、20歳でFC東京に加入

 Jリーグではこれまで数多くの韓国人選手がプレーしてきたが、31歳のガンバ大阪DFキム・ヨングォンが歩んできたキャリアは稀有なものだ。20歳だった2010年、母国のKリーグを経験せずにJリーグのFC東京に加入。翌年には大宮アルディージャへ完全移籍すると、12年ロンドン五輪での銅メダル獲得後に中国スーパーリーグの強豪・広州恒大へ移籍した。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 広州恒大ではAFCチャンピオンズリーグ(ACL)制覇を2度経験するなど、チームの黄金期を支えると、韓国代表の一員としても14年、18年と2度のワールドカップに出場。そんな輝かしい実績を手に19年1月、G大阪に加入して再びJリーグの舞台に足を踏み入れた。

 若くしてJリーグに挑戦した韓国人選手として、また隆盛を極めた中国スーパーリーグを経験した1人として、現在の日本サッカーをどのように見ているのか。オンライン取材で本人を直撃し話を訊いた。(取材・文=金 明昱)

   ◇   ◇   ◇

「今年はようやくシーズンがやってきたという感じです」

 長らく怪我でチームを離れていた韓国代表DFキム・ヨングォンが戻ってきた。5月27日に行われたJ1リーグ第16節の徳島ヴォルティス戦で今季初出場。先発フル出場を果たし、2-1と8試合ぶりの勝利に貢献した。G大阪は現在、消化試合数が少ないもののJ2降格圏と同勝ち点のリーグ16位(15試合終了時点)。昨季から指揮を執っていた宮本恒靖監督が解任されるなど、チーム状態は決して良いとは言えない。そうした状況をキム・ヨングォンは冷静に見つめていた。

「難しい時ほどチームが一つにならなければいけない。成績は悪いですが、私が知っているチームメートの能力は本当に高い。これからも十分に上位に上がれる力はあるので、そこまで心配はしていません。でも、降格圏から一日も早く抜け出さないといけないですね」

 昨年はリーグ2位の結果を残し、「今年はもちろん優勝したい」と意気込む。今年はリーグ下位に沈むが、「私が2019年にガンバ大阪に来たのは、アジアでも屈指の強豪クラブで、リーグでもAFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも優勝を狙えるチームだからです」と語る。

 G大阪に来る前、キム・ヨングォンは中国スーパーリーグの広州恒大で7年間、プレーしていた。その間にG大阪とはACLで対戦しており、「その時にすごく良いチームという印象があった」と振り返る。そして、「数あるクラブのなかから、ガンバ大阪が熱心にオファーしてくれたのが大きい。タイミングが合ったのもありますが、自分にとって一番良い環境でサッカーができると思って決めました」と話す。

金 明昱

1977年生まれ。大阪府出身の在日コリアン3世。新聞社記者、編集プロダクションなどを経てフリーに。サッカー北朝鮮代表が2010年南アフリカW杯出場を決めた後、代表チームと関係者を日本のメディアとして初めて平壌で取材することに成功し『Number』に寄稿。2011年からは女子プロゴルフの取材も開始し、日韓の女子ゴルファーと親交を深める。現在はサッカー、ゴルフを中心に週刊誌、専門誌、スポーツ専門サイトなど多媒体に執筆中。近著に『イ・ボミ 愛される力~日本人にいちばん愛される女性ゴルファーの行動哲学(メソッド)~』(光文社)。

今、あなたにオススメ

トレンド