「最も控えめな態度」 チェルシーMFカンテ、CLトロフィーへの“謙虚な反応”に英注目

チェルシーMFカンテ【写真:Getty Images】
チェルシーMFカンテ【写真:Getty Images】

優勝トロフィーを目の前にした際の反応に熱視線「ピッチ上で最高の選手だったが…」

 チェルシーは現地時間29日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝でマンチェスター・シティを1-0で下し、9季ぶり2度目の欧州王者となった。中盤で攻守に奔走したフランス代表MFエンゴロ・カンテの働きぶりが称えられたなか、英メディアは優勝トロフィーを前にした際の謙虚な反応に注目している。

 チェルシーは前半39分に最終ラインのブラジル代表DFチアゴ・シウバが負傷交代を余儀なくされるアクシデントに見舞われたが、その3分後にイングランド代表MFメイソン・マウントのスルーパスに抜け出したドイツ代表MFカイ・ハフェルツが決勝点を奪取。1-0でプレミア王者のシティを下した。

 中盤でフル出場したカンテは、ピンチの芽をことごとく摘み取るだけでなく、ボールを縦へ運びリズムを生むなど攻守にわたって出色のパフォーマンスを披露。気の利いた動きでこの日のチェルシーを支え、CL決勝のプレーヤー・オブ・ザ・マッチに選出された。

 英地元紙「ロンドン・イブニング・スタンダード」の選手採点でもチーム単独トップの9点が与えられ、文字通り、CL優勝の立役者となったカンテ。そんなフランス人MFは“シャイ”な一面を持つことでも知られているが、英メディア「スポーツ・バイブル」は優勝トロフィーへの反応に注目している。

 試合終了後、チェルシーの面々に次々とメダルが授与されていくなかで、トーマス・トゥヘル監督をはじめ、大半の選手たちはメダルを受け取った後に優勝トロフィーに口づけをかわしながら喜びを表現。そんななか、順番が回ってきたカンテは、両手でトロフィーにタッチするだけにとどめ、すぐさま立ち去ってしまったのだ。

 このワンシーンに対し、同メディアは「チャンピオンズリーグ優勝に対するエンゴロ・カンテの信じられないほど謙虚な反応」と見出しを打ち「カンテは土曜の夜、ポルトのピッチ上で最高の選手だったが、これまで獲得したことのない数少ないメジャーなトロフィーを目の前にした時、最も控えめな態度をとった」と綴っている。

 カンテはこれまで、プレミアリーグ(2回)、FAカップ、UEFAヨーロッパリーグ、18年ワールドカップのタイトルを獲得しており、今回この輝かしい経歴にCLのタイトルも加わる形になった。サッカー界においては“スター級”のキャリアを誇る一方で、どこまでも謙虚であり続ける姿に熱視線が注がれていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング