「めちゃくちゃ綺麗な崩し」 41歳遠藤保仁が“美しきボレー”、J最長24年連続弾に賛辞

ジュビロ磐田でプレーするMF遠藤保仁【写真:Getty Images】
ジュビロ磐田でプレーするMF遠藤保仁【写真:Getty Images】

群馬戦で9試合ぶりに先発し決勝ゴール、シーズン連続得点記録を「24」に更新

 ジュビロ磐田の元日本代表MF遠藤保仁は15日、J2リーグ第14節ザスパクサツ群馬戦に9試合ぶりに先発出場し、決勝ゴールを奪って1-0の勝利に導いた。これで遠藤は自身が持つ歴代最長のシーズン連続得点記録を「24」に伸ばしたが、複数人が連動したメモリアル弾に称賛の声が寄せられている。

 ガンバ大阪からの期限付き移籍を延長し、在籍2シーズン目を迎えた41歳MF遠藤は、今季開幕から5試合連続で先発出場した後に離脱。9日に行われた前節ブラウブリッツ秋田戦(1-1)の後半から途中出場し、復帰を果たしていた。

 そしてホームに群馬を迎えた今節、遠藤は9試合ぶりにスタメン出場。中盤で配球役になると、後半5分に見せ場が訪れる。磐田がピッチを幅広く使ってビルドアップを開始。敵陣左サイドでFWルキアンに縦パスが入ると、ブラジル人アタッカーはゴールに背を向けてキープし、後方へドリブルしながら逆サイドでフリーになったMF鈴木雄斗へ浮き球のクロスを送る。ペナルティーエリア内に走り込んだ鈴木は、このボールをワンタッチで左斜め後方に落とすと、遠藤が右足ボレーで完璧に合わせて強烈な一撃が群馬ゴールを破った。

 複数人が連動する美しいパスワークから生まれた遠藤のゴールを、磐田公式ツイッターが速報すると多くのファンが反応。「すごく綺麗なやわらかいシュート」「偉大すぎる」「ナイスボレー」「泣いた」といった声のほか、「今シーズン一番いいゴール」「めちゃくちゃ綺麗な崩し」などチーム全体で奪った得点を称えるコメントも寄せられていた。

 遠藤が決めた1点を守りきり、3試合ぶりの勝利を収めた磐田。現在4位と上位を追走する位置につけているが、来季のJ1昇格に向けて遠藤のさらなる活躍が期待される。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング