CL決勝、ポルト本拠地で開催へ UEFAは観客1万人以上の動員を望むと海外報道

ポルトの本拠地、エスタディオ・ド・ドラゴン【写真:Getty Images】
ポルトの本拠地、エスタディオ・ド・ドラゴン【写真:Getty Images】

コロナ禍により2年連続で開催地がトルコからポルトガルに変更が有力

 今季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝の開催地が、トルコのイスタンブールからポルトガルのポルトへ変更になる見込みだという。「AP通信」が報じている。

 世界中で感染が広がっている新型コロナウイルスの影響で、昨季のCLはベスト8以降がポルトガルの首都リスボンで集中開催された。それによって今季CL決勝の開催地は、イスタンブールが1年の“スライド”となる予定になっていた。

 しかし、チェルシーとマンチェスター・シティのイングランド勢対決となった決勝が今月29日に迫るなか、7日に英国政府はトルコを新型コロナウイルスの感染レッドリスト国に追加。帰国時に例外なく10日間の隔離が義務づけられること、6月11日にイングランド代表も参加する欧州選手権(EURO)が開催されることから、開催地の変更が俎上に上っていた。

 当初、英国政府は開催地変更に関してイングランドサッカー協会(FA)に対してヨーロッパサッカー連盟(UEFA)との交渉を許可。結果的にロンドンのウェンブリー・スタジアムでの開催が濃厚とされたが、その後に英国政府が決勝の開催に関してサポートスタッフや放送局、スポンサー関係者を隔離なしで入国させることを拒否し、交渉は頓挫していた。

 そして、試合の開催地は英国が感染低リスクのグリーンリストとしている12カ国のうちの1つであるポルトガルとなり、ポルトの本拠地エスタディオ・ド・ドラゴンで行う見込みになったとしている。チェルシーとシティのサポーターも、帰国時に隔離措置を受けることなく観戦が可能だとした。

 2年連続でCL決勝はイスタンブールからポルトガルでの開催に変更となるようだ。記事では、UEFAは1万人以上のサポーターが現地で観戦することを望んでいるとしているが、どのような雰囲気でのイングランド対決になるのだろうか。

(Football ZONE web=AP)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング