広島19歳FW、劇的すぎる同点ヘディング弾にファン感嘆 「もう神様」「トリハダ」

広島19歳FW鮎川峻【写真:Getty Images】
広島19歳FW鮎川峻【写真:Getty Images】

プロA契約を締結したばかりの19歳FW鮎川峻がルヴァン杯横浜FM戦で同点ゴールを記録

 サンフレッチェ広島は5日、ルヴァンカップのグループステージ第5節横浜F・マリノス戦で1-1と引き分けた。前日にA契約を締結したばかりの19歳FW鮎川峻が値千金の同点ゴールを決め、「もう神様」「トリハダ」とファンから声が上がっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 グループステージ4試合を1勝1分2敗で終えた広島は、3勝1分の横浜FMと対戦。前半28分に相手FWレオ・セアラに先制ゴールを許し、苦しい展開を強いられる。

 城福浩監督は後半頭からDF佐々木翔に代わってMF東俊希、同15分以降にはMF森島司、FWジュニオール・サントス、MF川辺駿、FW鮎川と立て続けにカードを切るが、ゴールを割れずに迎えた後半アディショナルタイム6分だった。

 左サイドでDF藤井智也がスルーパスを受け、ペナルティーエリア左から浮き球のクロスを供給。これに鮎川が勢いよく飛び込み、ヘディングシュートで同点弾を奪取した。

 クラブ公式ツイッターの速報投稿に対し、ファンからは「もう神様」「まさに土壇場」「トリハダ」といった感嘆コメントが続々到着。広島ユースから2020年にトップチームでプロとなり、4日にプロA契約締結の合意が発表されたばかりだったため、「本当のプロ初ゴール」という声も上がった。

 すでに3月21日のJ1リーグ第6節大分トリニータ戦(3-1)で途中出場からプロ初ゴールは挙げており、今後の活躍に期待が懸かる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド