元Jリーガーが“モンスター級”の一撃 “30mロケット弾”に海外衝撃「爆弾を落とした」

アトレチコ・ミネイロFWフッキ【写真:Getty Images】
アトレチコ・ミネイロFWフッキ【写真:Getty Images】

アトレチコ・ミネイロFWフッキ、トンベンセ戦で豪快な一撃

 かつてJリーグで猛威を振るい、その後ブラジル代表にまで駆け上がったFWフッキは、今年1月から母国のアトレチコ・ミネイロでプレーしている。現地時間1日に行われたゲームで約30メートルの距離から豪快な一撃を叩き込み、「爆弾を落とした」などと反響を呼んでいる。

 フッキは2005年に18歳で来日。当時の川崎フロンターレでは外国籍選手枠の関係であまり出場機会を得られなかったが、翌年にJ2コンサドーレ札幌(当時)に期限付き移籍すると点取り屋として覚醒。38試合25得点をマークすると、翌07年には同じJ2の東京ヴェルディに期限付き移籍し、42試合37得点でJ2得点王に輝いた。

 そして08年夏にポルトガルの強豪ポルトへ完全移籍すると、世界的ストライカーとしての名声を獲得。ロシアのゼニトでもゴールを量産し、ブラジル代表としても活躍した。16年からは中国1部の上海上港(現・上海海港)でプレーしていたが、昨年12月の契約満了で退団し、今年1月にアトレチコ・ミネイロへ加入した。

 4月に行われたクルゼイロ戦で乱闘騒ぎを起こしたフッキだが、これまで数々のゴラッソを生み出してきた左足は健在のようだ。現地時間1日に行われたミナスジェライス州選手権のトンベンセ戦(3-0)で、2点をリードして迎えた後半17分だった。自陣からのクリアボールを敵陣で受けたフッキは、FWジェフェルソン・サバリーノに落とし、中央へ流れながらリターンパスを受ける。相手最終ラインがズルズルと下がるなか、フッキはトラップ後に迷うことなく左足を一閃。ゴールまで約30メートルの距離があったが、破壊力抜群の一撃は必死にセーブを試みた相手GKを嘲笑うかのようにゴール右隅に突き刺さった。

 フッキらしい豪快な一撃は反響を呼んでおり、海外メディア「TNT Sports Brasil」公式ツイッターが「なんてゴールだ! フッキがピッチ中央から爆弾を落とした」と伝えれば、アトレチコ・ミネイロ公式ツイッターは「ロケットには防御装置がない! モンスターが檻を離れようとしている!」と称賛している。

 34歳となった今も、Jリーグや欧州で対戦相手を震え上がらせた“超人”フッキの左足は錆びついていないようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド