“天才”小野伸二、正確無比な2人組リフティングにファン感嘆 「一流は基本技術が違う」

札幌MF小野伸二【写真:Getty Images】
札幌MF小野伸二【写真:Getty Images】

札幌公式ツイッターがFW小柏剛とワンタッチの2人組リフティングを行う映像を公開

 J1リーグの北海道コンサドーレ札幌は1日、公式ツイッターを更新し、元日本代表MF小野伸二がプロ2年目のFW小柏剛とワンタッチでリフティングする映像を投稿。正確なキックで19歳年下の若手を翻弄する姿に、ファンから「基本技術が違う!」「何気無い膝での返しが上手い」など反響が寄せられた。

 小野は1998年に清水商高から浦和レッズ入り。2001年にオランダのフェイエノールトへ移籍し、その後は浦和、ドイツのボーフム、清水エスパルス、オーストラリアのウェスタン・シドニー・ワンダラーズで活躍。14年から札幌でプレーしたが19年8月にJ2のFC琉球に移籍した。昨季はリーグ戦14試合に出場していたなか、今季からは再び札幌でプレーしている。

 日本サッカー史に残る“天才”の技術は錆びつかず、41歳となった今季もここまでリーグ戦3試合、ルヴァンカップ3試合に出場している。そんな小野が練習中に、19歳年下のプロ2年目FW小柏とリフティングをする映像を、札幌公式ツイッターが公開。「どんなボールも簡単に返してしまう小野選手を見てみましょう」との一文が添えられた動画の内容が反響を呼んでいる。

 ともに笑顔でボールを蹴り始めると、小野は「それでプロに入っちゃったの?」と“口撃”しながら、ワンタッチで返していく。両足のインサイド、時に膝を使って相手の足もとに正確に“返球”。その姿に気圧されたのか、小柏のキックが正確性を欠きボールがピッチに落ちると、小野はカメラに向かって「これはホントにヤバいです。これでプロです(笑)」と愛のあるイジリで勝利を宣言していた。

 この動画にファンも反応しており、「一流は基本技術が違う!」「天才に洗礼受けちゃったね」「凄すぎです!」「何気無い膝での返しが上手い」「2人ともうまいけど伸二さん正確すぎる」など、小野の錆びつかない技術に感嘆の声を上げていた。

 なお札幌公式ツイッターによれば、この動画が撮影された翌日の試合で小柏がプロ初ゴールを記録。若手にとって小野の技術や経験は、良い“手本”となっているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング