「PSGを気絶させた」 シティMFマフレズの“壁抜きFK弾”に英注目「壁に勇気なし」

シティMFマフレズのFK弾が決勝点になった【写真:Getty Images】
シティMFマフレズのFK弾が決勝点になった【写真:Getty Images】

CL準決勝第1戦でPSGに2-1先勝、マフレズのFK弾が決勝点に

 マンチェスター・シティは現地時間28日、アウェーで行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝第1戦で、昨季準優勝のパリ・サンジェルマン(PSG)相手に2-1で先勝した。逆転ゴールとなったアルジェリア代表MFリヤド・マフレズのFKに対して、海外メディアは「マフレズの完璧な逆転FKでシティがPSGを気絶させた」と称賛している。

 敵地に乗り込んだシティは立ち上がりから劣勢を強いられ、前半15分にアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアの右CKからブラジル代表DFマルキーニョスに頭で合わせられ失点。しかし、後半に入り選手の並びを変えると一転、押し込む展開になり同19分、ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが左サイドから放り込んだクロスが直接ゴールに吸い込まれ、同点に追いつく。

さらに同26分、マフレズの特長でもある飛び道具が炸裂する。ボックス手前ほぼ中央の好位置で得たFKの場面で左足を振り抜くと、壁の間を抜けたシュートがゴール左隅に決まり逆転に成功。試合はこのまま終了し、アウェーゴールを2点奪ったシティが先勝した。

 マフレズの直接FK弾に対して、英サッカー情報サイト「CAUGHT OFFSIDE」は「マフレズの完璧な逆転FKでシティがPSGを気絶させた」と見出しを打ち注目。「シティが好位置でFKを得ると、PSGは壁の下のシュートをブロックすることを気にしていたが、壁を割れないように保つ基本を忘れており、ボールはネットを揺らした」と取り上げている。

 また「マフレズの一撃はもちろん素晴らしいが、PSGの壁に勇気がなかったことを責めるべきだ」とも指摘。アウェーゴールを2つ持ち帰り、決勝進出に大きなアドバンテージを手にしたシティは、5月5日に本拠地エティハド・スタジアムで行われる第2戦でも、この勢いのまま臨むことができるのだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド