「足首を破壊」 PSGの“戦慄タックル”が反響拡大「キャリアを終わらせる」

マッチアップするMFゲイェとMFギュンドアン【写真:Getty Images】
マッチアップするMFゲイェとMFギュンドアン【写真:Getty Images】

PSGはマンCに1-2と逆転負け MFゲイェが強烈タックルで一発退場

 パリ・サンジェルマン(PSG)は現地時間28日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝第1戦でマンチェスター・シティと対戦し、ホームで1-2と逆転負けを喫した。セネガル代表MFイドリッサ・ゲイェの一発退場となった“踏みつけタックル”の反響が国内メディアで拡散しており、「キャリアを終わらせるタイプのタックルだ」と指摘している。

 昨季準優勝のPSGは、ベスト8で前大会覇者バイエルン・ミュンヘンを退け、2年連続で準決勝に進出。現在プレミアリーグ首位を走るシティとの対戦を迎え、前半15分にブラジル代表DFマルキーニョスがセットプレーから先制点を奪うも、後半19分にシティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ、同26分にアルジェリア代表MFリヤド・マフレズに得点を許した。

 反撃に転じようとしたなかで迎えた後半32分、ゲイェが相手MFイルカイ・ギュンドアンに対し、スライディングタックルを敢行。左足首付近を足裏で踏みつける格好となり、フェリックス・ブリッヒ主審はレッドカードを提示した。数的不利となったPSGは大胆に攻め込むことが難しくなり、ホームで手痛い黒星を喫した。

 ゲイェの一発退場について、英国内で反響が拡大している。英ラジオ局「talkSPORT」は「ゲイェの恥ずべきチャレンジで、ギュンドアンは足首を破壊されていたかもしれない」と見出しを打って取り上げ、英メディア「プラネット・フットボール」も「ショッキングなチャレンジでレッドカード」と取り上げている。

 また、英メディア「GIVE ME SPORT」は「戦慄タックルでレッドカードを提示された」と取り上げ、「キャリアを終わらせるタイプのタックルだ」と指摘している。ゲイェはPSGにとって攻守にハードワークする不可欠な存在ではあるが、第2戦の出場停止は、ある意味アウェーゴールの献上よりも痛手と言えるかもしれない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング