名門ミランGKの去就問題に“デッドライン”設定へ 英&伊クラブ、高額オファーの可能性

ACミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ【写真:Getty Images】
ACミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ【写真:Getty Images】

ドンナルンマの契約は6月に満了、ユベントスやチェルシーらが関心との報道も…

 イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマは、今年6月に所属するACミランとの契約が満了を迎える。ミランの下部組織出身であるドンナルンマは、契約延長を望んでいると報じられてきたが、まだ新契約にサインをしていない。他クラブからの関心が報じられる中で、米スポーツ専門局「ESPN」は、ミランが契約延長の期限を設定したと報じている。

 今年2月に22歳になったドンナルンマは、16歳の時にプロデビューを果たし、17歳6カ月でフル代表デビューも飾っている。すでにミランでは公式戦通算245試合に出場しており、将来が嘱望されている。

 ドンナルンマには、イングランドのチェルシーとマンチェスター・ユナイテッド、さらにイタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」によれば、ユベントスも関心を示しているという。

 引く手あまたの状況にあるドンナルンマだが、ミランは来季以降の編成を考えるためにも、契約延長交渉に期限を決めたようだ。現時点で両者の要求額には大きな開きがあり、イタリア紙「トゥット・スポルト」によると、「ドンナルンマの代理人であるミノ・ライオラ氏は、週給13万ポンド(約2000万円)での契約延長を求めているミランに対して、週給20万ポンド(約3000万円)を要求している」という。

 そこでミランは契約延長の期限を5月23日に設定。今夏予定されている欧州選手権で好パフォーマンスを見せれば、価値がさらに高まるため、その前に決着をつけたい意向を伝えたようだ。

 ミランに対して強気な姿勢を示しているライオラ氏だが、ドンナルンマの獲得を希望するクラブから、高額なオファーが届いている可能性もあるという。果たしてミランは、下部組織出身の守護神を来季以降も留めることができるだろうか。


【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング