「これぞマンC」 “レフティー5人”が共鳴、芸術的パスワーク弾に反響「綺麗な崩し」

マンチェスター・シティで活躍するレフティーたちに注目【写真:AP】
マンチェスター・シティで活躍するレフティーたちに注目【写真:AP】

アストン・ビラ戦でマンCが美しい連係、20歳MFフォーデンが同点ゴール

 マンチェスター・シティは現地時間21日、プレミアリーグ第32節でアストン・ビラとアウェーで対戦し、2-1の逆転勝利を収めた。試合開始わずか20秒で先制点を許すも、前半22分にイングランド代表MFフィル・フォーデンが同点弾を叩き込んだが、得点に至るまでの流れが美しかったと反響を呼んでいる。

 20歳のフォーデンは、プレミアリーグ首位を快走するシティで今季飛躍を遂げており、その才能にはジョゼップ・グアルディオラ監督も一目置いている。アストン・ビラ戦でも随所で卓越した技術を披露。0-1で迎えた前半22分には貴重な同点ゴールを奪ったが、この一撃はフォーデンのスキルだけでなく、得点に至るまでの流れが素晴らしかった。

 ビルドアップするなかで自陣ペナルティーエリア手前でボールを受けたGKエデルソンは、ルックアップすると左足を一閃。鋭いロングキックが敵陣左サイドに飛ぶと、走り込んだMFオレクサンドル・ジンチェンコがヘディングで右横を上がってきたフォーデンに落とす。20歳MFはワントラップ後、すぐに逆サイドへ展開。ペナルティーエリア角でFWリヤド・マフレズが収めると、その外を駆け上がったMFベルナルド・シウバに渡し、最後はマイナスクロスをフォーデンが右足で流し込んだ。

 流れるような5人のパスワークから生まれた一撃を、スポーツチャンネル「DAZN」公式ツイッターは「これぞマン・シティ 華麗な崩しからフォーデン!!」と綴り映像を投稿。ファンからは「スピーディで綺麗な崩し」「上手すぎ」「完璧だな〜」「マジでいいゴール」など称賛の声が上がるとともに、「この崩しの間にボール触ってるの全員左利き」「オンリーレフティー」とプレーに関与した5人が全員左利きの選手だったことに注目するコメントも寄せられていた。

 シウバとフォーデンは、それぞれ右足でアシストとゴールを記録したが、GKエデルソンを含めて5人全員がレフティーだった。イマジネーション豊かな選手が多いとされる左利き同士だからこそ共鳴し、流れるようなパスワークが生まれたのかもしれない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド