C・ロナウド、今夏レアル復帰を希望と海外報道 ユベントスとの関係に“不協和音”

ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド【写真:AP】
ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド【写真:AP】

ユベントス退団&レアル復帰を希望とスペイン紙指摘 古巣側に再獲得の意思は?

 イタリア・セリエAの名門ユベントスで3シーズン目を終えようとしているポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、今夏の退団を希望しているという。スペイン紙「AS」が報じている。

 ロナウドは2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)の終了後に、スペインの強豪レアル・マドリードからユベントスへ移籍。今季で3シーズン目が終わろうとしているが、“優勝請負人”の期待も大きかったUEFAチャンピオンズリーグ(CL)では準決勝にも進めなかった。

 来季までの4年契約とされるロナウドだが、手取り年俸3100万ユーロ(約40億円)とも言われる高額年俸と、新型コロナウイルスの影響によるユベントスの減収、今季のリーグ戦でも振るわないチームの成績から退団説もある。そうした中で同紙は「ロナウドは、ユベントスにうんざりしている」と報じた。そして、レアルへ戻ることが望みだという。

 ロナウドは「レアルに戻るためなら収入減も厭わない」という意向があると同紙ではレポートしている。一方で、レアルのフロレンティーノ・ペレス会長にはロナウド再獲得の意思はないとしている。

 ユベントスとの関係に不協和音が響いているロナウドは、今シーズン限りでイタリアを離れることになるのだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング