弾丸ミドルに豪快ボレー…“ゴラッソ続出”のJ週間ベストゴールで首位は? 「納得」

川崎MF家長昭博と浦和FW杉本健勇【写真:Getty Images & 高橋 学】
川崎MF家長昭博と浦和FW杉本健勇【写真:Getty Images & 高橋 学】

Jリーグが“恒例”の週間ベストゴールを選出 1位に輝いたのは…

 Jリーグは公式YouTubeチャンネルで6日から11日に行われた試合の中からランキング形式で週間ベストゴールトップ10を選出した。“ゴラッソ”が連発するなかで首位には、プロ初出場、初ゴールでチームを劇的なドローに導いたJ2ファジアーノ岡山MF疋田優人が輝いた。

 10位にはアビスパ福岡MF吉岡雅和、9位は川崎フロンターレの元日本代表MF家長昭博、8位にサンフレッチェ広島FW浅野雄也がランクイン。7位はサガン鳥栖MF本田風智、6位にJ2愛媛FCのMF川村拓夢、5位に岡山MF上門知樹、4位にはJ2V・ファーレン長崎FWエジガル・ジュニオのゴールが選出された。

 レベルが高いランキングの中で上位の3位に入ったのがセレッソ大阪FW中島元彦。6日に行われたJ1リーグ第8節横浜F・マリノス戦(0-1)で後半10分から途中出場してJ1デビューすると、続く11日の福岡戦(1-1)もMF西川潤に代わって、後半17分からピッチに立った。1点ビハインドで迎えた後半24分、敵陣アタッキングサードでDF松田陸が中央へ横パス。中島が受けてペナルティーエリア手前右から左足を振り抜くと、矢のような一撃がゴール左に突き刺さった。中島のJ1初ゴールが3位に選ばれた。

 2位には浦和レッズの元日本代表FW杉本健勇が決めた豪快なボレー弾が選出。第8節清水エスパルス戦(2-0)の終了間際の後半45分にゴラッソが生まれる。中盤でのこぼれ球を拾い速攻を仕掛けると、途中出場のMF伊藤敦樹が左サイドを持ち上がり中央へクロス。ここに走り込んだ途中出場の杉本は、浮き球のボールを右足ボレーで完璧に捉える。弾丸シュートが日本代表GK権田修一の守るゴールの右隅に突き刺さると、杉本は歓喜を爆発させた。

 数々のスーパーゴールがランクインしたなか、首位に選ばれたのは疋田だった。大阪体育大学から今季加入したMFは、11日のJ2リーグ第7節愛媛FC戦に途中出場。敗戦濃厚な1-2の後半アディショナルタイム7分、疋田の一撃がチームを救った。CKからの浮いたこぼれ球を華麗なボレーシュートで突き刺した。この一戦がJリーグデビュー戦だった疋田は初ゴールで劇的なドローに導いた。

 ファンからは「今週ゴラッソ多すぎる」「今週ヤバいな」「1位のゴール以外全部同率2位でいい」「どうしたらあんなシュート上手くなんの」「納得の岡山 プロ初ゴールおめ」と称賛の声が寄せられた。“ゴラッソ”続出でレベルの高いランキングとなったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング