浦和の新助っ人FWが来日 14日間の隔離後に合流「チームに良いインパクトを…」

浦和に加入したデンマーク人FWユンカー(※写真はACホーセンス時代のもの)【写真:Getty Images】
浦和に加入したデンマーク人FWユンカー(※写真はACホーセンス時代のもの)【写真:Getty Images】

デンマーク人FWユンカーの入国をクラブ公式ツイッターで報告

 浦和レッズは、今月1日に獲得を発表したデンマーク人FWキャスパー・ユンカーが入国したことを、11日夜に公式ツイッターで公開した。今後、14日間の隔離期間に入り、問題がなければチームに合流する。

 ユンカーは、昨季のノルウェー1部リーグで25試合27得点をマークし、得点王とMVPをダブル受賞した187センチのストライカー。完全移籍で獲得することで、ノルウェー1部FKボーデ/グリムトとクラブ間合意したことが発表されていた。1日に西野努テクニカルダイレクター(TD)は、ビザの申請なども進めていた状況から、「希望的な観測では4月20日くらいにさいたまへ来られるのではないか」と話していたが、それよりは少し遅れることになったようだ。

 ユンカーはクラブを通じて「浦和レッズに加入でき本当にうれしく思っています。まずはしっかりと施設で隔離期間を過ごし、チームに合流したいと思います。自分が加わることでチームに良いインパクトを与え、なるべく早く試合に貢献したいと思っています」とコメントを発した。

 西野TDはユンカーについて「リーグのトップスコアラーになれる可能性がある選手だと考えている。夏の補強も含めチームが仕上がっていくなかで、来年にはリーグ得点王を取ってもらいたい」と、得点力に期待を寄せている。

 また、リカルド・ロドリゲス監督も「私がFWに求める特徴は3つ。コンビネーション、プレス、得点力。それを兼ね備えている。年齢的にも良いし(27歳)、良いシーズンを過ごした後、決定機を多く作るチームにいた後だけれども、望むものを兼ね備えている」と、合流を待ち望んでいる。

 浦和はユンカーの獲得発表から、3日の鹿島アントラーズ戦(2-1)、7日の清水エスパルス戦(2-0)、11日の徳島ヴォルティス戦(1-0)と3連勝を飾っている。始動後にブラジル人FWレオナルドが中国へ電撃移籍し、スクランブル状態で獲得にこぎつけたストライカーが到着する前にチーム状態は上昇カーブを描いている。良い形で新ストライカーを迎え入れ、得点力の向上につなげたいところだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング