日本の若手は「ミスを恐れない」 J初参戦の韓国代表MF、G大阪の初練習で驚き

今季からガンバ大阪でプレーするMFチュ・セジョン【写真:Getty Images】
今季からガンバ大阪でプレーするMFチュ・セジョン【写真:Getty Images】

G大阪の新加入MFチュ・セジョンが語る日本サッカーの印象

【インタビュー第2回】日本行き”を熱望した理由
【インタビュー第3回】対戦した日本人選手で印象に残った「2人の10番」は?

 ガンバ大阪に今季、韓国から新たな実力者が加わった。韓国代表として2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)にも出場したMFチュ・セジョン。これまでは韓国のKリーグのみで戦ってきたなか、なぜ30歳を過ぎてから初の海外挑戦を決めたのか。Jリーグ開幕直前にオンライン取材を実施し、G大阪のチームの雰囲気や日本サッカーの印象などについて話を訊いた。(取材・文=金明昱)

    ◇   ◇   ◇

 今年で31歳を迎える現役の韓国代表MFは、埼玉スタジアムのベンチに座り、ピッチ内で躍動する選手たちのプレーとサポーターの姿を見ながら、「Jリーグに来たんだ」との思いを噛みしめていた。

 今季からガンバ大阪に移籍したチュ・セジョンにいきなり訪れた大舞台は、2月20日に行われた富士ゼロックス・スーパーカップだった。

「出る準備はできていました」

 相手は昨季J1リーグ王者の川崎フロンターレ。しかし、その日はピッチに立つことは叶わず、チームは惜しくも2-3で敗れた。

「日本に来て初めての試合で、ベンチで試合の流れを見ながら自分が入った時のイメージを温めていました。結果的にピッチには立てませんでしたが、Jリーグがどのような雰囲気なのか、どんな選手がいて、試合の流れがどのようなものなのかを知ることができました」

 そんななか、Jリーグデビューは意外と早くに訪れた。2月27日のJ1開幕節、アウェーでのヴィッセル神戸戦。後半31分にMF川﨑修平に代わってピッチに投入され、アンカーとして攻撃陣と最終ラインの間で“潤滑油”の役割をこなした。悔やまれるのは、交代後に失点を喫して0-1で敗れるほろ苦いデビュー戦となったことだ。

 たった14分のプレーで評価するのは難しい。チュ・セジョンも、自分のスタイルをチームにフィットさせるために努力している最中だ。

「どの国に行っても、リズムやテンポなどサッカーの特色があると思うので、それを早く理解していく努力はしています。ガンバ大阪の選手たちとの距離も近くなってきましたし、宮本(恒靖)監督も慣れてくれば、チームに適応できると言ってくれています」

 Kリーグや韓国代表での実績は申し分ない。2012年に釜山アイパークでプロデビュー。16年にFCソウルへ移籍したが、18年から19年途中まで兵役のため、期限付き移籍でKリーグ2(2部)の牙山ムグンファでプレーした。

 韓国代表には15年から選出され、18年ロシアW杯にも出場。特にドイツ戦の後半アディショナルタイム、FWソン・フンミン(トッテナム)の追加点を演出したロングパスのシーンが記憶に新しい。中盤での活動量が豊富で、視野も広く、前線への的確なロングフィードが武器。今後スタメンに定着すれば、チームへの貢献度は高まるだろう。

page1 page2

金 明昱

1977年生まれ。大阪府出身の在日コリアン3世。新聞社記者、編集プロダクションなどを経てフリーに。サッカー北朝鮮代表が2010年南アフリカW杯出場を決めた後、代表チームと関係者を日本のメディアとして初めて平壌で取材することに成功し『Number』に寄稿。2011年からは女子プロゴルフの取材も開始し、日韓の女子ゴルファーと親交を深める。現在はサッカー、ゴルフを中心に週刊誌、専門誌、スポーツ専門サイトなど多媒体に執筆中。近著に『イ・ボミ 愛される力~日本人にいちばん愛される女性ゴルファーの行動哲学(メソッド)~』(光文社)。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング