中村俊輔、CL歴代「左足ゴラッソ20傑」に選出 マンU戦の“伝説FK弾に称賛「魔法」

セルティック時代の中村俊輔【写真:Getty Images】
セルティック時代の中村俊輔【写真:Getty Images】

2006-07シーズンのCLマンU戦で生まれた超絶FK弾、ジダンやメッシの一撃とともに紹介

 今季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)もベスト8が出揃い、いよいよ来週6日から準々決勝の戦いがスタートする。欧州王者を目指す戦いが佳境を迎えるなか、CL公式SNSは過去の名シーンを振り返る映像を投稿。公式ツイッターでは「左足ゴラッソ集」と題して20本の動画が公開されているが、そのうちの一つとして元日本代表MF中村俊輔が、セルティック時代に決めた伝説のFK弾が堂々選出されている。

 中村は2002年に横浜F・マリノスからイタリア1部レッジーナへ移籍。3年間のプレーを経て、05年夏にスコットランド1部セルティックと契約した。在籍4年でリーグ優勝3回、06-07シーズンには年間MVPに輝くなど、レジェンドの1人として今も高い人気を誇っている。そんなセルティック時代の中村のハイライトと言えるのが、06-07シーズンのCLグループステージ、マンチェスター・ユナイテッドとの2試合で決めた2本のFKだ。

 敵地オールド・トラッフォードでのユナイテッドとの第1節(2-3)では、約20メートルの距離から元オランダ代表GKエドウィン・ファン・デル・サールが一歩も動けない完璧な直接FK弾を叩き込むと、2006年11月21日に本拠地で行われた第5節ユナイテッド戦(1-0)で再び魅せる。

 0-0で迎えた後半36分、セルティックは中央やや右のゴールから約30メートルの位置でFKを獲得。キッカーを任された中村が左足を一閃すると、ボールは壁の上を越え急激に落ちる軌道を描いてユナイテッドゴールへ。ファン・デル・サールの懸命の横っ飛びも及ばず、ゴール右上隅を鮮やかに射抜いてみせた。この一撃が決勝点となり、中村は日本人選手として初めてCL決勝トーナメント進出を果たし、セルティックの伝説となった。

 CL公式ツイッターは、ベスト8の戦いを前に過去の名シーン動画を公開。「左足ゴラッソ集」との一文が添えられ、20本の映像が投稿されている。バルセロナFWリオネル・メッシが今季のパリ・サンジェルマン戦で決めた衝撃のミドルシュートをはじめ、元レアル・マドリードのMFジネディーヌ・ジダンの伝説となっている2001-02シーズン決勝の伝説ボレー弾、17-18シーズン決勝でレアル時代のFWギャレス・ベイルが決めたオーバーヘッド弾、その他にも元バイエルン・ミュンヘンのMFアリエン・ロッベンや元レアルDFロベルト・カルロスなど、歴代スター選手のスーパーゴールが選出された。

 そして最後の20番目の動画として紹介されたのが、ホームでのユナイテッド戦で決めた約30メートルのFK弾だ。「ナカムラの魔法」と綴って映像を公開すると、国内外のファンからは「史上最高のフリーキック」「何年経っても色褪せない一撃」「日本の誇り」といった声が寄せられていた。

 世界的なスター選手と肩を並べ、左足から生まれたゴラッソの歴代トップ20に選出された中村。伝説の一撃は長い年月が経った今も、色褪せることなく語り継がれている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング