ユベントスと契約残り1年のC・ロナウド、獲得の可能性を探る欧州4クラブとは?

去就が注目されるユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド【写真:AP】
去就が注目されるユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド【写真:AP】

マンU、レアル、PSG、スポルティングが獲得候補に浮上

 イタリア王者ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、今季終了時点で残りの契約期間が1年となるが、欧州の4クラブが獲得の可能性を探っているという。イタリア紙「トゥット・スポルト」が報じた。

 ロナウドは2018年夏、ロシア・ワールドカップ(W杯)の直後にスペインの強豪レアル・マドリードから移籍加入して4年契約を結んだ。そのため、今季が3シーズン目となるロナウドは、契約が残り1年のタイミングを迎える。

 折しもユベントスは新型コロナウイルスの影響で大幅な減収となり、ロナウド獲得がUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のタイトル奪還に目標を定めたものだったにもかかわらず、3シーズン連続で準決勝にも進めなかった。手取り3100万ユーロ(約40億円)の高額年俸もあり、にわかに放出論も出ている。

 そうしたなかで、同紙では過去にロナウドが所属したプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド、レアルに加えて、フランス王者パリ・サンジェルマン(PSG)、母国ポルトガルの名門で古巣のスポルティングCPが獲得の可能性を探っているとしている。

 イタリアメディアでは、残り1年間の契約に対する移籍金が2900万ユーロ(約38億円)あれば、ユベントスにとって損のない取引であるという報道もあった。果たしてロナウドは残り1年の契約期間をユベントスで過ごすことになるのか、それとも環境を変えることになるのか、来季に向けて動向が注目される。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング