「日本で驚異的なゴールが誕生」 川崎MF三笘の“超絶タッチ”に独メディア驚愕

川崎MF三笘薫【写真:高橋 学】
川崎MF三笘薫【写真:高橋 学】

圧巻のテクニックから生まれたC大阪戦の決勝ゴールに海外メディアも熱視線

 J1リーグ第11節の川崎フロンターレ対セレッソ大阪(3-2)の一戦で、MF三笘薫(川崎)が奪った圧巻の決勝ゴールが反響を呼んでいる。特大なインパクトを放った一撃に国内のみならず、海外メディアも熱視線を送り「信じられないゴールが生まれた」と、驚きを持って報じている。

 三笘は昨季リーグ戦でJ1ルーキー最多得点タイ記録となる13ゴールを決め、ベストイレブンに選出。プロ2年目の今季も勢いは止まらず、2月20日に行われた富士ゼロックス・スーパーカップのガンバ大阪戦(3-2)で2ゴールを奪うと、26日のJ1開幕戦の横浜F・マリノス戦(2-0)では得点にこそ絡まなかったものの、後半26分に見せた超絶トラップが話題を呼んでいた。

 そして、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)参戦による先行開催となった3日のC大阪戦では、圧巻の一撃で観る者の度肝を抜いた。2-2の同点出迎えた後半17分、敵陣左サイドでボールを受けると対峙したMF坂元達裕に向かってボディフェイントを入れて右足アウトで足に吸い付くようにボールをコントロール。その流れのままダブルタッチで前に押し出して坂元を置き去りにすると、FWレアンドロ・ダミアンとのワンツーで突破し、右足でシュートを突き刺した。

“超絶タッチ”からの芸術弾に対し、国内のファンから驚愕の声が上がるなど反響を呼んだなか、特大なインパクトを放った一撃にドイツスポーツ誌「11 Freunde」も注目。該当シーンの動画を添えて「エラシコ、パスの順で攻撃、日本で驚異的なゴールが誕生」と見出しを打ち、卓越したテクニックに熱視線を送った。

 シーズン早々から好調ぶりを窺わせている三笘。今後も、観る者を唸らせるようなプレーで沸かせてくれそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング