「日本からプロポーズ」 ブラジル人選手の“放出不可避な契約条項”を現地指摘

アヴァイMFファギーニョ【※画像はクラブ公式インスタグラムのスクリーンショットです】
アヴァイMFファギーニョ【※画像はクラブ公式インスタグラムのスクリーンショットです】

アヴァイMFファギーニョがJリーグに参戦?「日本クラブへの譲渡が余儀なくされる」

 Jリーグの21年シーズンが幕を開けたが、選手の第1登録期間は4月2日までとされている。そんななか、海外メディアは「契約条項により、アヴァイはファギーニョを日本クラブに譲渡することが余儀なくされる」と見出しを打ち、アヴァイFCのブラジル人MFファギーニョのJリーグ入りの可能性を取り上げている。

 現在28歳のブラジル人MFファギーニョ獲得にJクラブが乗り出しているようだ。同選手は昨年12月にフリー移籍でアヴァイに加入したものの、わずか公式戦3試合の出場で退団する可能性を同メディアは指摘している。

「ファギーニョはクラブを離れる。日本のクラブからプロポーズを受けた。契約条項により、アヴァイは彼の釈放を余儀なくされる。ただし、金銭的な補償は受けることになる。アヴァイは今季、ファギーニョを頼りにすることを望んでいたが、契約の関係により、この選手を維持するのは不可能となった」

 アヴァイはファギーニョを主力と見込んで今冬に獲得。しかし同選手の契約には、日本を含めた他クラブからの正式なオファーが届いた際は、放出を避けられない条項が盛り込まれていたようだ。

 気になる行先について、記事では「日本のクラブについては、交渉の当事者により、まだ秘密にされている」と言及。ブラジルメディアの報道通りであれば、Jリーグの第1登録期間内で新たなブラジル人助っ人がまた1人、日本へやって来るかもしれない。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング