対戦チームと初経験!? 乾貴士、ウエスカ岡崎との“交流リフティング”に反響「いい空間」

エイバルMF乾貴士【写真:Getty Images】
エイバルMF乾貴士【写真:Getty Images】

乾貴士と岡崎慎司がチームの垣根を越えてリフティング

 エイバルのMF乾貴士が公式インスタグラムを更新。2月27日のリーガ・エスパニョーラ第25節ウエスカ戦(1-1)では出番こそなかったが、相手チームの日本代表FW岡崎慎司と貴重な体験をしたことを明かしている。

 今季2度目の対戦となったウエスカ対エイバルは、岡崎、乾、FW武藤嘉紀の3人ともベンチスタート。武藤が後半25分から途中出場するも、乾と岡崎は出番がなく、試合は両チームともに終盤に1点ずつを奪って1-1のドローに終わった。

 乾は試合後、公式ツイッターで「岡ちゃんと対戦できんかった。対戦したかった。悔しい。頑張ろう!!」と綴っていたが、試合会場で交流があったことをインスタグラムで明かしている。

「初めて相手チームとリフティングしたなぁ 久しぶりに岡ちゃんとボール蹴れて楽しかったなぁ 次は対戦しよー」

 映像では、センターラインを境に乾と岡崎がリフティング。同じ日本人選手とはいえ、相手チームの選手とリフティングしたのは初めての経験だったという。

 ファンからも「たのしそ!」「めちゃめちゃいい空間」「いいですね~こういうの」といった声が上がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング