「シメオネのゲームプラン破壊」 チェルシーFW、殊勲のオーバーヘッド弾を海外称賛

チェルシーFWオリビエ・ジルー【写真:Getty Images】
チェルシーFWオリビエ・ジルー【写真:Getty Images】

CLラウンド16第1戦、チェルシーがジルーのゴラッソでアトレティコに1-0先勝

 プレミアリーグのチェルシーはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の第1戦でアトレティコ・マドリードと対戦し、1-0で勝利を収めた。決勝点はフランス代表FWオリビエ・ジルーが決めた鮮やかなオーバーヘッド弾。6バックの守備的布陣を敷いたアトレティコ相手のゴラッソを受け、スペインメディアも「ジルーがシメオネのゲームプランを破壊した」とその活躍を称賛している。

 この試合は新型コロナウイルスのパンデミックにより、スペインではイギリスからの入国制限が敷かれていることから中立地のルーマニア首都ブカレストで開催された。

 リーガ・エスパニョーラで首位を走るアトレティコは、直近のリーグ7試合で計10失点を喫するなど自慢の守備に不安を抱えていることもあってか、この試合では最終ラインを6人で守る守備的な布陣を採用。ボールを保持して攻め込むチェルシーと、堅い守備からのカウンターを狙うアトレティコという構図で試合は進んだ。

 0-0のまま後半に突入する展開のなか、均衡を破ったのはチェルシーだった。後半23分、左サイドのDFマルコス・アロンソのクロスのこぼれ球にジルーが反応し、ゴールに背を向けた状態からオーバーヘッドキック。当初はオフサイドの判定とされたが、VARによるチェックの末にゴールが認められた。これが決勝点となり、チェルシーが1-0で貴重な白星を挙げた。

 スペイン紙「マルカ」は「ジルーがシメオネのゲームプランを破壊した」との見出しで結果を伝え、鮮やかなオーバーヘッドキックについては「ジルーのスタイリッシュなフィニッシュ」と賛辞を送った。ディエゴ・シメオネ監督は大一番で勝負の采配を振るったが、ベテランFWジルーの“美技”がアトレティコの要塞を打ち破った。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング