PAOK香川真司、移籍後初先発はまたもお預け リーグ戦は3試合連続でベンチスタート

ベンチスタートとなったギリシャ1部PAOKMF香川真司【写真:Getty Images】
ベンチスタートとなったギリシャ1部PAOKMF香川真司【写真:Getty Images】

本拠地でのリーグ第23節ラミア戦もスタメン11人に名前はなし

 ギリシャ1部PAOKは現地時間2月21日、本拠地でのリーグ第23節PASラミア戦のスタメンを発表。今年1月に新加入したMF香川真司は、またもベンチスタートとなった。

 昨年10月にスペイン2部サラゴサを退団した香川は、欧州でのキャリア続行を目指して無所属のまま新天地を模索。古巣セレッソ大阪からの復帰オファーも固辞し、最終的にはPAOKへの加入を決断した。

 2月3日に行われた国内カップ戦のキペロ・エラーダス3回戦セカンドレグのAEL戦(2-1)に途中出場し、新天地デビュー。リーグ戦では7日の第21節アポロン・スミルニ戦(2-2)で途中出場からデビューを果たした。しかし、その後の公式戦2試合もベンチスタートだったなか、21日の第23節ラミア戦も先発11人に名前はなし。またも初スタメンはお預けとなっている。

 PAOKのスタメン11人は以下の通り。

<GK>
ジブコ・ジブコビッチ

<DF>
ロドリゴ・アウベス
フェルナンド・ヴァレラ
ヤニス・ミカイリディス
ババ・ラーマン

<MF>
セオカリス・ツィガラス
シュテファン・シュヴァーブ
アムル・ワルダ

<FW>
アンドリヤ・ジヴコヴィッチ
クリストス・ツォリス
ミハエル・クルメンチク

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング