「典型的なタキのゴール」 南野拓実、GK&DF無力化の“パーフェクト弾”を指揮官絶賛

先制ゴールをマークしたサウサンプトンの日本代表FW南野拓実【写真:AP】
先制ゴールをマークしたサウサンプトンの日本代表FW南野拓実【写真:AP】

“巧妙な”先制ゴールを奪った南野にハーゼンヒュットル監督が言及「ファンタスティック」

 サウサンプトンの日本代表FW南野拓実は現地時間20日のチェルシー戦に先発出場し、前半33分に試合の均衡を破る先制ゴールをマークした。ペナルティーエリアでスペイン代表DFセサル・アスピリクエタとセネガル代表GKエドゥアール・メンディの2人を手玉に取る技ありの一撃をラルフ・ハーゼンヒュットル監督も「典型的なタキのゴール」と絶賛した。英紙「デイリー・エコー」が報じている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 サウサンプトン加入から間もない南野が、またも大仕事をやってみせた。前半33分、チェルシー最終ラインの背後へ走り出すと、イングランド代表MFネイサン・レドモンドから絶妙なタイミングでスルーパスが届いた。南野は完璧なファーストタッチでボールをコントロールし、そのままエリア内に侵入。右足でシュート体制に入った。

 チェルシーGKメンディが前に飛び出してシュートコースを限定し、左から猛スピードでアスピリクエタがカバーに戻ってきても南野は至って冷静だった。キックフェイントでアスピリクエタのスライディングをかわし、メンディの体勢も崩れたところで、がら空きになったファーサイドに右足のアウトサイドキックでシュートを流し込んだ。

 英紙「デイリー・エコー」は南野のゴールについて「(南野は)見事な冷静さを見せ、シュートフェイントで戻ってきたセサル・アスピリクエタとゴールキーパーのエドゥアール・メンディを間違った方向へと向かわせた」とレポート。ゴール前での冷静沈着なプレーが特筆されている。

 そして、サウサンプトンを率いるハーゼンヒュットル監督は南野らしさが詰まったゴールだとして、日本代表FWのパフォーマンスを称えた。指揮官のコメントが次のように報じられている。

「ボールを持ったときの彼はファンタスティックだ。彼は素晴らしい動きで、ボックス内では素晴らしいフィニッシュをする。素晴らしい決断力もある。ボールに対するプレーではまだ学ばなくてはいけないが、彼は熱心に取り組んでいるよ。今日の彼はスロースタートだったが、典型的なタキ(南野の愛称)のゴールだった」

 ハーゼンヒュットル監督は南野に守備面で改善の余地があるとしつつも、エリア内での動きや得点につながるプレーを高く評価。最終ラインの背後を突いて決めたゴールはまさに南野に期待しているプレーを体現したものだったようだ。

 南野はこれで移籍後2得点目。出場機会を求めて加入した“セインツ”で水を得た魚のように躍動している。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」