堂安置き去りの超絶スプリントが反響拡大 バイエルンが“爆速動画”公開「電撃少年」

ドイツ王者バイエルンのカナダ代表DFアルフォンソ・デイビス【写真:Getty Images】
ドイツ王者バイエルンのカナダ代表DFアルフォンソ・デイビス【写真:Getty Images】

バイエルンDFデイビスが堂安を追い抜く時速35.6kmスプリントに再注目

 ドイツ王者バイエルンは現地時間20日、ブンデスリーガ第30節でフランクフルトと対戦する。そんななか、クラブ公式インスタグラムは前節ビーレフェルト戦(3-3)でカナダ代表DFアルフォンソ・デイビスが日本代表MF堂安律を猛烈なスピードで追い抜く爆走シーンを公開し、反響を呼んでいる。

 FIFAクラブワールドカップ(W杯)優勝で世界王者となったバイエルンだが、過密日程による披露の蓄積もあり、前節は昇格組ビーレフェルト相手に3-3と引き分けに終わった。

 一方で、前半31分のシーンが世界で話題を呼んだ。ビーレフェルトのカウンターの場面、堂安が長距離のスルーパスに抜け出し、決定機を迎えようとしていたが、ピッチが雪で覆われるなか、背後から猛スピードで自陣に戻ってきたデイビスがあっという間に追い抜いてボールを回収した。

 最高速度が時速35.6kmと世界中のメディアで取り上げられた“爆走シーン”を、バイエルン公式インスタグラムも公開。コメント欄では「なんてビーストだ!」「電撃少年」「この男はアメージング」「あまり速すぎる」と反響が寄せられていた。

 世界最速のレフトバックとして評価急上昇中の20歳デイビスは、今後もさらなる飛躍を遂げていきそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング