「堂安の15m背後から…」 バイエルン新鋭、“3秒の衝撃爆走”に反響「世界最速?」

堂安を置き去りにしたバイエルンのDFアルフォンソ・デイビス【写真:Getty Images】
堂安を置き去りにしたバイエルンのDFアルフォンソ・デイビス【写真:Getty Images】

バイエルンDFデイビスが堂安を追い抜く時速35kmスプリントが話題に「異常なスピード」

 バイエルン・ミュンヘンは現地時間15日、ブンデスリーガ第21節でビーレフェルトと対戦し、3-3と引き分けた。王者が昇格組相手に引き分けたなか、カナダ代表DFアルフォンソ・デイビスが大雪の中で日本代表MF堂安律を置き去りにする爆走を見せたことが世界で反響を呼んでおり、「堂安の15メートル背後からたった3秒間」と驚きが広がっている。

 FIFAクラブワールドカップ(W杯)優勝で世界王者となったバイエルンだが、過密日程を強いられており、ビーレフェルト戦は主力の一部を温存して臨んだ。しかし、立ち上がりからチーム全体の動きに重さが目立ち、前半9分、37分と立て続けに失点する苦しい展開に。それでも最終的には王者の意地を見せ、3-3の引き分けに持ち込んだ。

 デイビスは2-3で迎えた後半24分に貴重な同点ゴールを決めたが、前半31分に見せた圧巻のスピードが世界で反響を呼んでいる。この日先発していたビーレフェルトMF堂安がスルーパスに抜け出し決定機を迎えようとしたが、ピッチが雪で覆われるなか、背後から爆速で自陣に戻ってきたデイビスがあっという間に追い抜いてボールを回収した。

 この場面にスペイン紙「マルカ」は「雪でさえも、デイビスの閃光を止めることはできない。3秒で15メートルを走り抜けた」と見出しを打ち、「信じられないスピードを改めて示した。堂安の15メートル背後からたった3秒間。時速35kmで到達した」と、その衝撃具合を強調していた。

 英メディア「GIVE ME SPORT」は「異常なスピード」と驚きを示し、「世界最速の選手なのか?」と伝えている。またアイルランドメディア「BenchWarmers」も、「ビーレフェルト戦でデイビスにウサイン・ボルトが憑依した」と取り上げていた。デイビスはまだ20歳であり、今後のサッカー界を牽引する存在としてさらに大きな期待が寄せられそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング