“守備の柱”吉田麻也を伊メディア称賛! 脅威封じた“良質プレー”に「6.5点」の高評価

サンプドリアDF吉田麻也がフル出場で勝利に貢献【写真:Getty Images】
サンプドリアDF吉田麻也がフル出場で勝利に貢献【写真:Getty Images】

フィオレンティーナ戦にフル出場、安定感のあるプレーで2-1勝利に貢献

 イタリア・セリエAのサンプドリアに所属する日本代表DF吉田麻也は、14日のリーグ戦フィオレンティーナ戦にフル出場し、2-1の勝利に貢献。イタリアメディアでは高い評価を得た。

 サンプドリアは前半31分、コーナーキックからFWケイタ・バルデのヘディングで先制するも、その6分後にセットプレーから同点ゴールを奪われた。しかし後半26分、FWファビオ・クアリアレッラが決勝ゴールを決め、3試合ぶりに勝利した。

吉田はカバーリングなどで守備を引き締め、マークを外してしまう味方にやや苛立ったような表情も見せながら“守備の柱”として統率。そのプレーにイタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」は「6.5点」をつけ「フィオレンティーナのシュートに体を張って危険のないものにした。(クリスチャン・)クアメを良く抑えた」と評価された。

 また、サッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」でも「6.5点」とされ「スピードを上げて侵入してきているにも関わらず、フィオレンティーナのアタッカーをほぼリスクなくカバーした」と、プレーの質を評価されている。

 出場すれば安定感のあるプレーで評価されている吉田は、セリエAでセンターバックとしての地位を確立しつつあると言えそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング