「最高のスキルでラウールに感銘」 中井卓大、トップチーム昇格候補の1人に英紙選出

レアル・マドリードの下部組織でプレーするMF中井卓大【写真:松岡健三郎】
レアル・マドリードの下部組織でプレーするMF中井卓大【写真:松岡健三郎】

カンテラの“金の卵”7人の一角として登場「上を目指している」

 スペインの名門レアル・マドリードのフベニールB(U-18相当)に所属する17歳MF中井卓大は、その将来に大きな期待が寄せられている。英紙「デイリー・メール」も、トップチーム昇格候補の1人として名前を挙げている。

 “ピピ”の愛称で知られている中井は、2013年に9歳でレアルの下部組織に入団。加入後から順調に昇格し、今季からフベニールBに所属しているが、昨年8月に開催されたフベニールA(U-19相当)の選手が出場するUEFAユースリーグに“飛び級”で登録された。同年10月の国際Aマッチウィーク中には、多くの代表選手が不在のなかで、トップチームのトレーニングにも招集されていた。

 1月23日には21年初試合において、フベニールAで“飛び級”出場。先発を飾った中井は後半40分、左サイドから中央に切り込んで右足で“ゴラッソ”を叩き込むと、これが現地メディアで話題に。将来のトップチーム昇格にも期待が懸かるなか、スペイン紙「AS」は「黄金の未来を夢見るレアル・マドリードのユースチームの11人」と題し、「レアル・マドリードのユースチームは目立っており、すでに将来を約束するような名前も出てきている。素晴らしい未来を夢見るために11人を見てみよう」と、中井の名前も挙げていた。

 英紙「デイリー・メール」も、「ジネディーヌ・ジダンはアカデミーの若いスターに目を向ける必要があるかもしれない」と7人の“金の卵”を紹介。そのなかに中井の名前も挙げられている。

「タクヒロ・ナカイはレアルのグラウンドでは“ピピ”としてよく知られている。攻撃的ミッドフィルダーはまだ17歳で、上を目指している。昨年は初めてトップチームで練習したが、9歳で入団し、カメラに収められた忘れられない瞬間として、マルセロを驚かせたスキルを見せつけたことで、すでにクラブのレーダーに表示されていた。フベニールAの次は、カスティージャに上がる必要があるが、すでに最高のスキルでラウールに感銘を与えている」

 カスティージャを指揮する元スペイン代表FWラウール監督も一目置くとされる中井。自らのプレーでトップチームへの道を切り開けるだろうか。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング