中井卓大、レアル下部組織「ベスト11」選出 スペイン紙特集…U-18から唯一の指名

レアル下部組織に所属するベスト11にMF中井卓大が選出【写真:松岡 健三郎】
レアル下部組織に所属するベスト11にMF中井卓大が選出【写真:松岡 健三郎】

カスティージャ所属選手が大半占拠も、フベニールBから「AS」紙がセレクト

 スペインの名門レアル・マドリードのフベニールB(U-18相当)に所属する17歳MF中井卓大は、1月23日に行われたフベニールA(U-19相当)のロス・ジェベネス戦(3-0)に“飛び級”で先発し、鮮烈な2021年初ゴールを決めて注目を集めた。将来に期待が懸かるなか、スペイン紙はレアルの下部組織に所属するベスト11を選出し、フベニールBから唯一、中井が選ばれている。

“ピピ”の愛称で知られている中井は、2013年に9歳でレアルの下部組織に入団。加入後から順調に昇格し、今季からフベニールBに所属しているが、昨年8月に開催されたフベニールAの選手が出場するUEFAユースリーグに“飛び級”で登録された。同年10月の国際Aマッチウィーク中には、多くの代表選手が不在のなかで、トップチームのトレーニングにも招集されていた。

 1月23日には21年初試合において、フベニールAで“飛び級”出場。先発を飾った中井は後半40分、左サイドから中央に切り込んで右足で“ゴラッソ”を叩き込むと、これが現地メディアで話題に。将来のトップチーム昇格にも期待が懸かるなか、スペイン紙「AS」は「黄金の未来を夢見るレアル・マドリードのユースチームの11人」と題し、「レアル・マドリードのユースチームは目立っており、すでに将来を約束するような名前も出てきている。素晴らしい未来を夢見るために11人を見てみよう」と、動画付きで特集している。

 11人の中には、MFアリーバス(19歳)、MFアントニオ・ブランコ(20歳)、FWウーゴ・ドゥーロ(21歳)、DFミゲル・グティエレス(19歳)ら、Bチームにあたるカスティージャ所属選手が大半を占めたなか、フベニールBから唯一、中井が選ばれており、ポジションは4-3-3の左ウイングに配置。なお、フベニールA(U-19相当)からはMFピーター・フェデリコ(18歳)、MFダビド ゴンサレス(18歳)が名を連ねた。

「AS」紙は今冬にビッグネーム獲得が叶わなかったトップチームの補強にまつわる記事でも、若手有望株の1人として中井に注目。今回の下部組織「ベスト11」にもフベニールBから唯一選出されたことで、期待の高さが窺える形となった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング