「本当に優れた選手」 “二刀流”冨安健洋、C・ロナウドに突破許さず伊メディア絶賛

ボローニャDF冨安健洋(右)とユベントスFWロナウド【写真:Getty Images】
ボローニャDF冨安健洋(右)とユベントスFWロナウド【写真:Getty Images】

ユベントスに0-2で完敗も…CB→右SBにポジションを変えた冨安は好プレー

 ボローニャの日本代表DF冨安健洋は、現地時間24日のセリエA第19節ユベントス戦にフル出場を果たした。前半と後半で違う役目を与えられチームは0-2の完敗だったが、イタリアメディアでは「本当に優れた選手だ」と高い評価を受けた。

 冨安は4バックの左センターバックでスタメン出場。ユベントスの中央から左サイドに流れていく傾向のあるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとのマッチアップ機会は多くなかったが、スウェーデン代表FWデヤン・クルゼフスキとのマッチアップで破綻する場面はなかった。

 また、右サイドバックにポジションを移し、流れてくるロナウドやイタリア代表MFフェデリコ・ベルナルデスキらとのマッチアップの場面でも決定的な突破を許すことはなかった。

 ボローニャは前半にブラジル代表MFアルトゥール・メロのミドルシュートがDFに当たってゴールに吸い込まれるやや不運な失点。後半にもセットプレーでアメリカ代表MFウェストン・マッケニーに決められた。試合全体を見ればユベントスがほぼゲームを支配し、ボローニャから見れば内容的には完敗だった。

 そうしたなかでも、イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」は冨安に「6.5点」をつけ、「この日本人DFは本当に優れた選手だ。それをスタジアムで証明している」と高い評価だった。

 また、サッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」は「6点」ながら「センターバックに始まり、右サイドバックへ。2つのポジションだが、優れた勤勉さと戦術的な実行を見せた」と、こちらでもマイナス評価はなかった。

 9連覇中の王者の前線は当然ながらタレント軍団だが、冨安が明確にマッチアップ負けをするような場面はほぼなかった。セリエAでも最高峰の相手に見せたパフォーマンスは、イタリアでの評価をさらに高めることにつながりそうだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング