勝っても負けても坊主? 大津祐樹、新ユニフォームの売り上げランキングで“注目発言”

J2ジュビロ磐田に移籍した元日本代表FW大津祐樹【写真:ⒸJUBILO IWATA】
J2ジュビロ磐田に移籍した元日本代表FW大津祐樹【写真:ⒸJUBILO IWATA】

新ユニフォームに身を包み、両手で4番アピール「けして大武の44ではありません」

 元日本代表FW大津祐樹は2021年シーズン、J2のジュビロ磐田に新天地を求めた。移籍からまだわずか10日足らずだが、驚異的な溶け込みを見せている。

 30歳の大津は2008年に柏レイソルでプロデビュー。11年7月にはブンデスリーガのボルシアMGに移籍し、12年8月からオランダのVVVフェンロへ。15年から古巣の柏に戻ると、18年から横浜F・マリノスに完全移籍し、19年にはチームのリーグ優勝に貢献したものの、20年シーズンは12試合無得点に終わっていた。12年にはロンドン五輪代表として日本のベスト4入りを牽引し、日本代表としても2試合に出場している。

 新背番号は「4」に決まり、18日に行われた磐田の新体制発表記者会見で、「J1昇格に向けて精いっぱい貢献できるように頑張ります」と思いを語っていた大津。チームはすでに19日から非公開で練習がスタートしている。

 磐田は目下、サポーターズクラブの会員を対象に2021年シーズンオーセンティックユニフォームを先行予約受付中。2次予約は24日までとなるなか、クラブショップ公式ツイッターは大津が新ユニフォームに身を包み、両手で「4」をアピールする写真を投稿した。

 大津はこれを引用する形で、「けして大武の44ではありません。大津の4です」とツイート。そしてハッシュタグで、日本代表FW小川航基、元日本代表MF遠藤保仁、DF小川大貴に言及している。

「#航基に負けたら坊主にします」
「#やっとさんに勝っても坊主にします」
「#大貴がランキングに復活したら笑います」

 所属2年目の28歳DF大武峻は、「そんなこと言いながら俺の名前出して宣伝してくれるとこマジイケメン」と反応。ファンからは「坊主みてみたい笑」「大津選手の溶け込み方半端ない」「大津祐樹は止まらない!」といった声が上がり、新天地で早くも注目の的となっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング