名門ミラン、34歳ベテランFW獲得希望 W杯準優勝も経験…オーナーの許可次第と現地報道

現在、無所属となっている元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ【写真:Getty Images】
現在、無所属となっている元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ【写真:Getty Images】

前線のバックアッパーとして元クロアチア代表FWマンジュキッチの獲得へ動く

 イタリア・セリエAで首位を走る名門ACミランが、ユベントスやバイエルン・ミュンヘンでのプレー経験を持つ元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチを獲得する動きを見せているという。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じている。

 ミランは現在、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが前線の核になっている。しかし39歳という年齢もあり、日程の過密化が進む後半戦に向けてバックアッパーの存在は必要とされていた。

 そこで、昨夏にカタールのアル・ドゥハイルを退団して以来、無所属となっている34歳のマンジュキッチにスポットライトが当たっているという。セリエAでのプレー経験を持ち、前線でハードワークできるタイプのマンジュキッチは、ある意味では計算のできるベテランというカテゴリーに入るだろう。

 ここ最近、マンジュキッチはトルコの名門ベジクタシュからの獲得オファーを断り、ミランとの交渉に期待をしているという。実際、強化責任者のパオロ・マルディーニ氏はマンジュキッチの獲得を望み、オーナーである米ファンド、エリオット・マネジメントの許可を得る段階にあるという。“ゴーサイン”が出ればさほど障害はなく獲得が決まるという見通しを「カルチョメルカート・コム」は報じた。

 2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)ではクロアチア代表の準優勝に貢献するなど、クラブと代表の双方で実績を残してきたマンジュキッチは、名門復権へリーグ優勝を目指すミランの切り札になるのだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング