堂安律、“圧倒的な数字”でヘルタ戦MOMに選出 ブンデス公式が絶賛「素晴らしい個人技から…」

ヘルタ戦で好プレーを見せたビーレフェルトMF堂安律【写真:Getty Images】
ヘルタ戦で好プレーを見せたビーレフェルトMF堂安律【写真:Getty Images】

ヘルタ戦で好プレーを見せた堂安律をブンデス公式が称賛

 ビーレフェルトに所属する日本代表MF堂安律が現地時間10日、ブンデスリーガ第15節ヘルタ・ベルリン戦で後半アディショナルタイムまでプレーし、1-0の勝利に貢献した。ポスト直撃のシュートを放つなど、好プレーを見せていた堂安はブンデスリーガ公式でマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)にあたるプレーヤー・オブ・ザ・ゲームに選出された。

 今季からビーレフェルトに所属する堂安は開幕から15試合連続で先発出場。チームは16位と低迷するなかで迎えたホームでのヘルタ戦で輝きを放った。

 今季10敗を喫しているビーレフェルトは後半から攻撃が活性化する。後半11分にはロングシュートを放つなど好機を演出。同19分にはMFラインホルト・ヤボのゴールで先制点を奪った。そのなかでも堂安の存在感は光っていた。

 ブンデスリーガ公式は「目立っていた堂安はビーレフェルトの追加点を奪おうとした。後半25分、素晴らしい個人技から左のポストを直撃するシュートを放った」と、惜しくも得点にはつながらなかったものの、好プレーを称賛。この日のMOMに選出した。

「ビーレフェルトの12本の枠内シュートのうち6回(5本の枠内シュート、1回のパス)に関与して、チームで最もタッチ(74回)し、両チームでタックル数2番目(40回)だった」

 ブンデスリーガ初挑戦ながら、個人としては安定したパフォーマンスを発揮している堂安。この日も積極的なプレーで攻撃を牽引し、チームを勝利に導いた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング