「533億円以上を費やした」 欧州トップ12クラブの“最悪の移籍”を海外メディア選出「失敗」

欧州トップ12クラブの“最悪の移籍”を海外メディア選出【写真:AP】
欧州トップ12クラブの“最悪の移籍”を海外メディア選出【写真:AP】

バルサがドルトムントなど、欧州12クラブのここ10年間の移籍での“失敗例”を選出

 移籍に成功と失敗はつきもの。どんなクラブであっても常に100%正しい選択ができるとは限らない。米大手スポーツサイト「ESPN」では、過去10年間でヨーロッパのトップクラブがおかした“最悪の失敗例”という特集を組み、2014年にポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキをフリートランスファーで手放したドルトムントや史上最高額で17年夏にブラジル代表FWネイマールを獲得したパリ・サンジェルマン(PSG)などを紹介している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 バルセロナのワーストとして取り上げられたのは、「4選手に4億2000万ユーロ(約533億円)以上を費やした」こと。バルセロナは2017年にドルトムントから1億500万ユーロ(約133億円)でフランス代表FWウスマン・デンベレ、18年にはリバプールから1億6000万ユーロ(約203億円)でブラジル代表FWフィリペ・コウチーニョ、ボルドーから4000万ユーロ(約51億円)でブラジル代表FWマルコム、そして、その翌年には1億2000万ユーロ(約152億円)でアトレティコ・マドリードからフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンを獲得した。

 ところが、いずれの選手も期待されたような活躍は見せられず、マルコムはわずか1年でロシア1部ゼニト・サンクトペテルブルクに移籍している。同記事は、新型コロナウイルスのパンデミックの影響でバルサの負債が4億8800万ユーロまで増加したことを指摘し、「それ(グリーズマンら4選手)に加え、元トルコ代表MFアルダ・トゥラン、スペイン代表FWパコ・アルカセル、ポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスなど、高額を費やしたにもかかわらずほんの少しのインパクトしか残せなかった選手たちがいることを考えれば、チームがなぜこれほどまで不安定な財政問題に直面しているのかは容易に想像がつく」と綴っている。

 ドルトムントのワーストは、「レバンドフスキをフリートランスファーで手放した」こと。レバンドフスキは2010年にドルトムントに移籍し、日本代表MF香川真司らとともにユルゲン・クロップ監督(現リバプール)の下でブレイクを遂げた。14年のバイエルン加入後はリーグ得点王を4回獲得。昨季はUEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝に大きく貢献し、2020年のFIFA年間最優秀選手賞も受賞した。記事では、ドルトムントがここ数年でノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドやイングランド代表FWジェイドン・サンチョというような選手を獲得したことは称賛しつつも、「ライバルのバイエルンを止めることはできなかった。最悪だったのはレバンドフスキをフリートランスファーで放出したこと。ドルトムントは新契約を結ぶチャンスがあったものの失敗し、そのことをずっと悔やんでいる」と述べた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  5. 偶然?故意? J2の珍事が話題…蹴ったボールが審判にヒット→FW退場に賛否「退場やむなし」「審判が感情的に見えた」

  6. 「奇抜」「威圧感がある」 韓国代表のW杯新ユニフォーム、ホーム&アウェー用デザインに海外注目

  7. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  10. 「思ったより悪質」「笑えない」 中島翔哉の“一発レッド”足裏タックルに海外注目 出場15秒の危険プレーに反響拡大

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  8. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」