オルンガに「カタールから“不可抗力”なオファー」 電撃移籍説の背景に海外紙が注目

柏レイソルFWオルンガ【写真:小林 靖】
柏レイソルFWオルンガ【写真:小林 靖】

Jリーグ得点王とMVPを受賞した柏FWオルンガ、カタール強豪アル・ドゥハイル移籍が濃厚

 柏レイソルのケニア代表FWオルンガは、2020年シーズンのJ1リーグで32試合28得点をマークし、MVPと得点王を獲得した。その活躍を受けて、カタールへの電撃移籍が決定的と報じられており、海外メディアも「カタールのビッグクラブからオルンガに“不可抗力”なオファー」と見出しを打って取り上げている。

 オルンガは2018年夏に柏に加入したものの、同年にJ2降格を経験。昨季は30試合27得点し、最終節の京都サンガF.C.戦では1試合8得点を決めてJリーグの1試合最多得点記録を達成。規格外のフィジカルは今季のJ1でも猛威を振るい、32試合で28得点をマークし、2位のエヴェラウド(鹿島アントラーズ)に10点差をつけて得点王に輝いた。

 アフリカ出身選手として初のJリーグMVPとなったなか、今オフの中東への電撃移籍が急浮上していた。4日に行われたFC東京とのルヴァンカップ決勝(1-2)にフル出場したが、その後、退団を決断したと一部メディアで報じられている。ケニア紙「デイリー・ネーション」は、「カタールのビッグクラブからオルンガに“不可抗力”なオファー」と見出しを打って取り上げている。

 記事では、欧州クラブからも関心を集めていたが、カタールで7度の優勝を誇るアル・ドゥハイルから異次元のオファーが提示されたため、急転して移籍に傾いたことを伝えている。柏は6日に、昨夏から横浜F・マリノスに期限付き移籍していたFWジュニオール・サントスをサンフレッチェ広島に完全移籍で売却しており、オルンガ退団となれば新たな得点源の獲得に動くことになりそうだ。


【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング