J1優勝に抱いた思いと、これからの“理想像” 横浜FMeスポーツ選手は「次世代のスター」を目指す

あぐのむ(左)としーまんは「F・マリノス」の名前を背負って戦う【写真:Football ZONE web】
あぐのむ(左)としーまんは「F・マリノス」の名前を背負って戦う【写真:Football ZONE web】

【横浜F・マリノスeスポーツ/シャドウバース部門インタビュー|第3回】サッカーから受けた刺激「僕らもやらないと」(しーまん)

 2019年シーズンのJ1リーグを制した横浜F・マリノスは、Jリーグ創設から存在する“オリジナル10”でもあり、名門として知られる。日本スポーツ界を代表するビッグクラブはeスポーツ部門も保有し、「Shadowverse」(以下、シャドウバース)部門が2018年シーズンと2019年はいずれも後期リーグで準優勝という成績を残した。

 “マリノス”の看板を背負い、日々真剣勝負を繰り広げる選手たち。「Football ZONE web」ではシャドウバース部門のリーダーを務めるあぐのむ、そして特殊フォーマット「2Pick」を担当するしーまんの両選手に取材を実施。サッカーがJ1優勝を果たした2019年に抱いた思い、そしてeスポーツのフィールドから目指していく“理想像”を明かしてくれた。

   ◇   ◇   ◇

――2019年は横浜F・マリノスがサッカーJ1リーグ優勝を果たしました。当時、同じF・マリノスの一員としてどのような心境でしたか?

あぐのむ「2019年は僕たちもすごく調子が良くて(※1)、お互いに戦っている感じがあってとても良かったですね。ただ、僕たちはまだまだ小さい部門なので、気にしてもらえるように勝たないといけないなという気持ちのほうが強いです。実績を出して、『F・マリノスはeスポーツ部門も強い』と言われることを目指していきたいです」

しーまん「僕の中でもJ1のトップチームの活躍は影響がありました。調子が良い時にサッカーのことをツイートすると、反響がよかったこともあります。F・マリノスの記事を見ていても、戦術を変えて2年目に上手くいった話も面白かったです。それこそダブル優勝すれば話題にもなりますし、もっと注目されたいという意味でもプラスのモチベーションになっていました」

――J1優勝が決まった瞬間はどのような思いがありましたか?

しーまん「優勝を決めた試合は日産スタジアムで見ていました。みんな嬉しそうにしていて、『僕らもやらないとな』と思ったことを覚えています」

あぐのむ「優勝がほぼ決まった状態での試合だったので、シンプルに『優勝なんだな』と。それよりも『自分たちもやらなきゃな』という思いのほうが強くて、ずっとそう思っていました」

※1 後期リーグ勝利数1位。プレーオフで敗れて結果は準優勝となった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング