J1優勝に抱いた思いと、これからの“理想像” 横浜FMeスポーツ選手は「次世代のスター」を目指す

あぐのむ(左)としーまんは「F・マリノス」の名前を背負って戦う【写真:Football ZONE web】
あぐのむ(左)としーまんは「F・マリノス」の名前を背負って戦う【写真:Football ZONE web】

【横浜F・マリノスeスポーツ/シャドウバース部門インタビュー|第3回】サッカーから受けた刺激「僕らもやらないと」(しーまん)

 2019年シーズンのJ1リーグを制した横浜F・マリノスは、Jリーグ創設から存在する“オリジナル10”でもあり、名門として知られる。日本スポーツ界を代表するビッグクラブはeスポーツ部門も保有し、「Shadowverse」(以下、シャドウバース)部門が2018年シーズンと2019年はいずれも後期リーグで準優勝という成績を残した。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 “マリノス”の看板を背負い、日々真剣勝負を繰り広げる選手たち。「Football ZONE web」ではシャドウバース部門のリーダーを務めるあぐのむ、そして特殊フォーマット「2Pick」を担当するしーまんの両選手に取材を実施。サッカーがJ1優勝を果たした2019年に抱いた思い、そしてeスポーツのフィールドから目指していく“理想像”を明かしてくれた。

   ◇   ◇   ◇

――2019年は横浜F・マリノスがサッカーJ1リーグ優勝を果たしました。当時、同じF・マリノスの一員としてどのような心境でしたか?

あぐのむ「2019年は僕たちもすごく調子が良くて(※1)、お互いに戦っている感じがあってとても良かったですね。ただ、僕たちはまだまだ小さい部門なので、気にしてもらえるように勝たないといけないなという気持ちのほうが強いです。実績を出して、『F・マリノスはeスポーツ部門も強い』と言われることを目指していきたいです」

しーまん「僕の中でもJ1のトップチームの活躍は影響がありました。調子が良い時にサッカーのことをツイートすると、反響がよかったこともあります。F・マリノスの記事を見ていても、戦術を変えて2年目に上手くいった話も面白かったです。それこそダブル優勝すれば話題にもなりますし、もっと注目されたいという意味でもプラスのモチベーションになっていました」

――J1優勝が決まった瞬間はどのような思いがありましたか?

しーまん「優勝を決めた試合は日産スタジアムで見ていました。みんな嬉しそうにしていて、『僕らもやらないとな』と思ったことを覚えています」

あぐのむ「優勝がほぼ決まった状態での試合だったので、シンプルに『優勝なんだな』と。それよりも『自分たちもやらなきゃな』という思いのほうが強くて、ずっとそう思っていました」

※1 後期リーグ勝利数1位。プレーオフで敗れて結果は準優勝となった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「キック精度が異次元」 長谷部誠の“代役GK”に再脚光、守護神で奮闘「万能すぎる」と称賛

  10. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  8. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」