FC東京、史上初の“年明け決勝”を制してルヴァン杯3回目の優勝 途中出場のアダイウトンが決勝弾

FC東京がルヴァン杯3回目の優勝を決めた【写真:高橋 学】
FC東京がルヴァン杯3回目の優勝を決めた【写真:高橋 学】

FC東京が2004、09年に続く3回目の優勝で激動の2020年シーズンを締めくくる

 日本サッカー三大タイトルの一つ、ルヴァンカップは1月4日に2020年シーズンの決勝戦が行われ、FC東京が2-1で柏レイソルを下して09年シーズン以来3回目の優勝を飾った。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ともに2回の優勝経験を持つチームの激突となった決勝戦は、当初は昨年11月に予定されていた。しかし、新型コロナウイルスの影響で延期となり、史上初の年明け決勝としてシーズンを締めくくる一戦になった。

 一進一退の立ち上がりを見せた試合を先に動かしたのはFC東京だった。前半16分、左サイドでFWレアンドロが一気に加速してドリブル突破すると、そのまま中央方向へ2人、3人と外して右足シュート。これがファーサイドに吸い込まれて1-0と先制に成功した。

 その後は中盤がマッチアップしやすい両者のシステムもあり、なかなか決定的な突破が見られずにゲームが進んだ。それでも柏はハーフタイム直前の同45分、MFクリスティアーノが高く上げたコーナーキックにFWオルンガが頭で合わせたボールはゴール前に高く浮いた。そこに両チームの選手が絡んだこぼれ球をMF瀬川祐輔が押し込み、柏が1-1に追いついて前半を終えた。

 後半に入ってもなかなか流れの中からチャンスが生まれない試合になった。そのなかで柏はコーナーキックからDF川口尚紀のボレーがクロスバーをかすめ、逆にFC東京はレアンドロが直接狙ったフリーキックがゴールポストに当たり、セットプレーからゴールを脅かした。

 そうしたなかで、決着をつけたのはFC東京の“スーパーサブ”だった。後半29分、ペナルティーエリア付近に浮いたボールを頭でつなぐと、そこに反応したのは途中出場のFWアダイウトン。左足を伸ばしてコースを変えたボールがゴールに吸い込まれ、値千金の勝ち越しゴールになった。

 柏はビハインドになった状況を受け、ネルシーニョ監督が3人の同時交代を決断するなど同点ゴールを狙ったが、このままFC東京が逃げ切り。2004年、09年に続く3回目の優勝を飾り、激動のシーズンを締めくくった。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「キック精度が異次元」 長谷部誠の“代役GK”に再脚光、守護神で奮闘「万能すぎる」と称賛

  10. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  8. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」