ブラジル人元JリーガーFW、新型コロナウイルス感染症で死去 京都で1年プレー

京都で活躍した元JリーガーFWクレーベル【写真:Getty Images】
京都で活躍した元JリーガーFWクレーベル【写真:Getty Images】

ブラジルのコリチーバなどで活躍の元JリーガーFWクレーベルが2日に死去

 ブラジルのコリチーバなどで活躍した同国出身の元JリーガーFWクレーベルが2日に新型コロナウイルス感染症による合併症により死去した。47歳だった。ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」などが報じている。

 クレーベルは1997年に京都パープルサンガに入団。10試合1得点の成績でJリーグは1年だけプレーした。ブラジルではコリチーバやモジミリン、ポルトゥゲーザなどクラブを転々とし、ストライカーとして2004年まで活躍を遂げていた。

 そんなクレーベルが2日に新型コロナウイルスの影響でなくなった。「グローボ・エスポルチ」は「クレーベルが47歳で死去した。新型コロナウイルスの犠牲者となった彼はパラナ州の州都に1カ月入院していた。90年代にコリチーバの歴史を刻み、モジミリンやポルトゥゲーザなどでプレーした」と伝えている。同メディアによると、新型コロナウイルス陽性の診断後、11月29日にリハビリテーション病院のICUに1カ月入院。だが、ここ数日間は昏睡状態にあったという。

 2021年に入っても新型コロナウイルスの影響は衰えることなく、感染は拡大を続けているなか、かつて日本でもプレーしたストライカーも生涯に幕を閉じる悲しい結末となった。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング