「泣かせるなー」 少年時代の板倉滉、“ヒーロー”中村憲剛との2ショット公開に反響

フローニンゲンでプレーするDF板倉滉と川崎フロンターレMF中村憲剛【写真:Getty Images】
フローニンゲンでプレーするDF板倉滉と川崎フロンターレMF中村憲剛【写真:Getty Images】

天皇杯決勝が現役ラストマッチとなった中村、“後輩”板倉が感謝の投稿

 川崎フロンターレの元日本代表MF中村憲剛は、1月1日の天皇杯決勝ガンバ大阪戦(1-0)が18年間の現役生活で最後のゲームとなった。出場機会こそ訪れなかったものの、悲願の天皇杯初優勝で有終の美を飾ったなか、川崎の下部組織出身で現在はオランダのフローニンゲンでプレーする日本代表DF板倉滉が中村との思い出の2ショットを投稿し、ファンから「泣くわ」など反響を呼んでいる。

 中央大から2003年に川崎へ加入した中村は、一度も移籍することなく18年間を過ごした。その間には数々のリーグ2位や準優勝で終わる悔しさを味わったが、17年のJ1リーグ初優勝から2連覇、19年にはルヴァンカップを獲得。そして20年シーズンに3回目のリーグ優勝と初の天皇杯タイトルを手にした。19年11月に左膝の前十字靭帯損傷の大怪我を負ったものの、長いリハビリ生活を経て復活し現役生活を締めくくった。

 現役ラストゲームとなった天皇杯は、鬼木達監督が勝利を最優先したため出番はなかったが、中村は試合後に「感無量です。嬉しすぎます。おそらく今、世界で一番幸せなサッカー選手なんじゃないかと思います」と優勝の喜びを語っていた。川崎の偉大なバンディエラがスパイクを脱いだなか、その背中を追った1人の“後輩”が遠くオランダからSNSで反応した。

 川崎U-12からプレーし、15年にトップ昇格を果たした板倉は、中村と3シーズンにわたってチームメートとなった。もっとも下部組織選手にとって、中村は少年時代から憧れの存在。板倉は自身の公式インスタグラムに「あなたは私のヒーローです」と綴って中村との6枚の思い出写真を投稿したが、その1枚目は少年時代に撮影されたものだった。若き日の中村の左隣に立った板倉は満面の笑みを浮かべており、サッカー少年の1人として川崎の司令塔との記念撮影は最高の瞬間となったに違いない。

 板倉は投稿で「#憲剛さんありがとう」「#お疲れ様でした」とも綴って感謝を示すと、コメント欄では17年に川崎で2人と共闘したMFハイネルが絵文字で反応。またファンも「泣くわ」「滉君、泣かせるなー」「憲剛監督のフロンターレで、滉が活躍するのを楽しみにします」「この写真大好きです」などとコメントするなど反響を呼んでいる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング