「感無量」 中村憲剛、現役ラストゲームは出番なしも二冠達成に歓喜「世界で一番幸せ」

18年間の現役ラストゲームを迎えた川崎フロンターレMF中村憲剛【写真:Getty Images】
18年間の現役ラストゲームを迎えた川崎フロンターレMF中村憲剛【写真:Getty Images】

天皇杯・決勝のG大阪戦は出番なしも、“後輩”たちがチームを牽引して初優勝で締め括る

 川崎フロンターレの元日本代表MF中村憲剛は、1月1日にガンバ大阪と対戦した天皇杯決勝戦が18年間の現役生活でラストゲームになった。ベンチスタートでピッチに立つ機会はなかったが、チームは1-0で勝利して天皇杯の初優勝で有終の美を飾った。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 中央大から2003年に川崎へ加入した中村は、一度も移籍することなく18年間を川崎で過ごした。その間には数々のリーグ2位や準優勝で終わる悔しさを味わったが、17年のリーグ優勝からの2連覇、19年にはルヴァンカップを獲得。今季は3回目のリーグ優勝と初の天皇杯タイトルを手にした。19年11月には左膝の前十字靭帯損傷の大きな負傷もあったが、今季に復帰も遂げて現役生活を締めくくった。

 試合後に中村は「感無量です。嬉しすぎます。おそらく今、世界で一番幸せなサッカー選手なんじゃないかと思う」と、優勝への喜びを語った。そして、4年前の決勝で鹿島アントラーズに敗れて準優勝だったことを踏まえ、「僕も声を掛けながら一緒に戦っていた気持ち。(試合に)出られなったのは残念だけど、勝負なので。勝ちがすべてというのは4年前の決勝での敗戦で痛いほど感じたこと。そこから培ったものを最後に出せたのがフロンターレの新しい歴史につながると思う」と話した。

 そして中村は、“ミスター・フロンターレ”とも呼ばれた自身が引退するチームへの信頼と、18年間の現役生活を振り返った。

「今日の試合は僕が出ていませんし、もうフロンターレの形はある。預けて託せるからこそ引退できる。今後は、フロンターレもそうだし、日本サッカーに貢献したい。18年というのは長いプロ生活で、まだ実感がなくて来週も等々力でボールを蹴りそうだけど、それがもう叶わないというのはこれから感じると思う。

 18年の(キャリアの)最後に中村史上最高の1年が来たのはみんなのおかげ。今シーズンはコロナでみんなが大変だったけど手を取り合って最後まで日程ができたことに感謝しているし、またみんなで日本サッカーを盛り上げていけたら。本当に素晴らしい決勝戦だった。18年間ありがとうございました」

 日本代表としては10年の南アフリカ・ワールドカップのメンバーにも入った。Jリーグではベストイレブン8回に、16年にはシーズンMVPも獲得した。05年から18年まで14年連続で優秀選手賞を受賞するという安定感あるプレーも魅力だった。

 その現役生活の最後は、フロンターレのブルーのユニフォームで、天皇杯のカップを掲げて締めくくられた。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  5. 偶然?故意? J2の珍事が話題…蹴ったボールが審判にヒット→FW退場に賛否「退場やむなし」「審判が感情的に見えた」

  6. 「奇抜」「威圧感がある」 韓国代表のW杯新ユニフォーム、ホーム&アウェー用デザインに海外注目

  7. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  10. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  8. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」