元Jリーガー、指導者として中国超級リーグに挑戦 「師匠と呼べる存在」の元J監督と“初タッグ”

恩師であるゴトビ監督(右後ろ)とチームを作り上げた【写真:本人提供】
恩師であるゴトビ監督(右後ろ)とチームを作り上げた【写真:本人提供】

2部降格で去就未定も「もっといろんな経験を積みたい」

 思い返せば、ディビッドソンは現役時代に所属チームとの契約が満了し、移籍先が決まっていない時でも常に、「これからどんな人生が自分を待っているのか、ワクワクしますね」と口にしていたのがあまりにも印象的だった。個人的には、そのマインドを少しでも分けて欲しいと思うほどに……。

 そんな男が師匠とも言えるゴトビと挑んだ中国超級リーグの舞台。残念ながら新型コロナウイルスの感染拡大によるレギュレーション変更などの影響が響き、最終的には甲級リーグ(2部相当)への降格が決まってしまったが、常にポジティブな男は「指導者として、もっともっといろんな経験を積みたい」と構える。

 コロナ禍の影響で新シーズンの去就については未定だが、先が見通せないなかでのサッカーライフも変らず前向きに歩んでいく。(文中敬称略)

(斉藤宏則 / Hironori Saito)


page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング