「ライバルを作らないこと」 現役引退の佐藤寿人、プロ21年間で最も大切にしていたのは?

引退会見を開いた佐藤寿人氏【写真:ⒸJEFUNITED】
引退会見を開いた佐藤寿人氏【写真:ⒸJEFUNITED】

自分自身と向き合い、何が足りないかを追求して史上2位のJ1通算161得点をマーク

 今季限りでの現役引退を発表したジェフユナイテッド千葉の元日本代表FW佐藤寿人が26日、オンラインでの引退会見に登壇。プロで大切にしていたのは、「ライバルを作らないこと」と想いを語った。

 千葉のユース出身で、2000年に双子の兄・勇人(現クラブユナイテッドオフィサー)とともにトップチームに昇格した佐藤は、02年に出場機会を求めてセレッソ大阪へ移籍。その後、2年間プレーしたベガルタ仙台で結果を残し、05年にサンフレッチェ広島に新天地を求めた。広島では絶対的エースとして攻撃を牽引し、2012年にリーグ制覇を達成。同年は得点王(22ゴール)、シーズンMVP、ベストイレブンと個人タイトルを総なめにした。13、15年にも優勝を果たしたが、出場機会が減った16年シーズン終了後に広島を退団。名古屋グランパスを経て、19年から古巣の千葉に復帰していた。

 身長170センチと決して大きくはない体で、プロ21年間を戦い抜いた佐藤は、引退を決断した理由の一つとして「監督が目指しているサッカーでFWとして結果を出せてない」ことを挙げた。

「体は痛いところはどこもなくて、まだやろうと思えばサッカーはできる状態。家族はまだ選手でいてほしいという思いもあったみたいですけど、FWとして結果を出せず、ピッチの上でなかなか貢献できていないなかで、来季プレーすることがプロとしてどうなのかなと思ったので、11月上旬にクラブに(引退を)伝えました」

 現役ラストゲームとなった12月20日の最終節ギラヴァンツ北九州戦(2-1)で、試合前にチームメートたちにひと言声をかけ、思わず涙してしまったことを明かした佐藤。最後は勝利こそ飾れたものの、J1昇格に導けなかったことは「キャリアで一番の心残り」だという。

 そんな佐藤がプロで大切にしていたことは、「ライバルを作らないこと」だと語る。

「いろんなクラブで、いろんな場所でプレーさせてもらって、時にはこの選手がライバルと外から言われたりすることで少なからず選手も意識する。でも、自分自身と向き合い、自分に何が足りないかを考え、取り組める選手がやっていけると感じたので、そういう意味ではライバルを作らないことが大事かなと思っています」

 史上2位のJ1通算161得点をマークできた背景には、自分自身と真摯に向き合い、成長を追い求めてきた美学があったようだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング