「はんぱない」 冨安健洋、“DF離れ”の40m疾走&技ありループ弾に反響「センスの塊」

ボローニャDF冨安健洋【写真:Getty Images】
ボローニャDF冨安健洋【写真:Getty Images】

アタランタ戦での今季初ゴールをファン絶賛 「DFがやるループシュートじゃない」

 ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋は、現地時間23日のセリエA第14節アタランタ戦にフル出場を果たし、0-2で迎えた後半に今季初ゴールを決めた。2-2の引き分けに貢献しイタリアメディアからも絶賛されているが、DAZN公式ツイッターがゴール動画を公開すると、ファンから「ポテンシャルはんぱない」「センスの塊」など称賛の嵐となっている。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 冨安はアタランタ戦に右サイドバックとして先発出場すると、前半のうちにアタランタのFWルイス・ムリエルに連続ゴールを奪われた。2点ビハインドのなか、反撃の狼煙を上げたのが22歳の日本代表DFだった。後半28分、右のインサイドでボールを持った冨安は、タッチライン際に開いたFWリッカルド・オルソリーニとのワンツーで一気に約40メートルを駆け抜けるインナーラップを仕掛けてペナルティーエリア内に侵入。最後は飛び出してくる相手GKを、チップキックでかわす技ありシュートを決めた。

 この華麗な得点シーンの動画をDAZN公式ツイッターが「これは完全にストライカーのプレー!! #冨安健洋 今季初ゴール」と綴って公開すると、ファンが反応。返信欄や引用ツイートで「エグい」「DFがやるループシュートじゃない」「ポテンシャルはんぱない」「DF離れしたフィニッシュの上手さと冷静さ」「まじで数年後とかどうなってんかな」「すごい日本人が現れたもんだ…」「上手すぎ」「センスの塊」「日本のセルヒオ・ラモス」など称賛の嵐となっている。

 UEFAチャンピオンズリーグで2年連続のベスト16に進出した強豪から決めた一撃は、冨安の評価をさらに高めるものになっているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング